2017年09月30日

秋田の地酒 かづの銘酒 千歳盛 鹿角 大吟醸 かづの銘酒 千歳盛 鹿角 大吟醸

16864650_1860000834270625_3122255338207350766_n.jpg


かづの銘酒 千歳盛 鹿角 大吟醸

鹿角を代表するにふさわしい酒で、
金賞蔵のすべてを注いだ香味の
調和のとれた自信作 。

清新な気候と水による寒造りに徹し、
みちのくの奥深く人目を忍ぶ酒ありと、
地域に生きる地酒です。

鹿角を代表する銘酒・「鹿角」匠の技が光ります。
辛口ながら芳醇な味わいと
すっきりしたのどごしが味わえます。

「青垣の里」と石川啄木に歌われたように、
八甲田や八幡平に囲まれた盆地に位置する蔵で
厳しい冬の清新な気候と水で寒造りに徹して、
小型の仕込みで一本ずつ大事に
ていねいに造られた逸品です。


かづの銘酒株式会社「千歳盛」 

明治5年に創業。
昭和13年に全国清酒品評会で名誉賞を受賞しました。
平成3年に現在の社名となり地元を主体にした
地域密着型での展開を行っています。

酒銘は創業者の初代田村茂助により、
不老長寿の願いを込めて「千歳」と命名されました。
その後、平成4年に世の繁栄と人々の長寿を願い、
「千歳盛」となりました。

酒蔵の特徴は、厳しい冬の清新な気候と水で、
長い期間にわたって寒造りができる環境です。

仕込み水は奥羽山脈の白洲台地からの伏流水。
リン酸や塩化物など醗酵促進の有効成分が
多く含まれています。

酒造りは小さく大事に育てるのが身上であり、
半地下構造の仕込蔵で、
小型の仕込みをしています。



お求めは ↓ より、
【かづの銘酒】 千歳盛 鹿角 大吟醸 720ml(4合)


飲んでみたい秋田の地酒の蔵元を訪ねてみましょう
「秋田の地酒 蔵元を訪ねて」




飲んでみたい秋田の地酒 太平山 純米大吟醸 天巧

16864650_1860000834270625_3122255338207350766_n.jpg


太平山 純米大吟醸 天巧

【2017年・モンドセレクション最高金賞受賞】
【IWCゴールドメダル獲得】
気高さの中に同居する圧倒的な存在感。
これぞ太平山の真骨頂。

太平山独自の生もと造りで醸した純米大吟醸です。
こんな人もおりました。
口の中で転がすと、
フルーティーな吟醸香が楽しめます。

淡麗なのですが、
最後にポワンと芳醇さも残る上品なお酒でした。

御造りや天ぷらものと頂きましたが、
どんなお料理にも合うと思います。

1本をぺろりと空けてしまい、
1本を知人にプレゼントしたのですが、
とても美味しいと喜んでいただけました。 


小玉醸造株式会社 [太平山] 

秋田を代表する味噌・醤油、そして清酒の醸造元である
「小玉醸造株式会社」創業者の小玉久米之助が、
醤油の醸造を始めたのは明治12年。

現在の潟上市(旧 飯田川町)で創業しました。
明治40年には事業形態を会社組織に改組し、
秋田を代表する醤油・味噌醸造元としての地位を確立しました。

大正2年からは酒造業にも着手。
地域で最も親しまれている名峰に由来する「
太平山」ブランドの酒を世に送り出しました。

昭和8年には全国初となる冷用酒「玲琅太平山」を発表。
翌9年には全国酒類品評会において
出品総数約5,000点の中で第一位を獲得するなど、
秋田を代表する銘酒として
全国にその名が知られるようになりました。



お求めは ↓ より、
太平山 純米大吟醸 天巧 720ml
小玉醸造太平山 純米大吟醸 天巧 720ml


飲んでみたい秋田の地酒の蔵元を訪ねてみましょう
「秋田の地酒 蔵元を訪ねて」



飲んでみたい秋田の地酒 福禄寿酒造 純米酒 十五代彦兵衛

16864650_1860000834270625_3122255338207350766_n.jpg


福禄寿酒造 純米酒 十五代彦兵衛

創業1688年、三百年以上続く伝統の酒蔵。
創業者彦兵衛の名前をつけられた、福禄寿の自慢の酒。

福禄寿酒造株式会社[福禄寿]
元禄元年(1688)渡邊家の初代彦兵衛氏が
“羽後の国、五十目村(五城目町)で酒造りを開始し、
昭和28年、株式会社渡邊彦兵衛商店設立。

平成16年10月より社名を福禄寿酒造株式会社へと変更。
「福禄寿」は七福神のひとつで、
おめでたいもののしるしとされています。

一家の繁栄と健康長寿、
商売繁盛を願ってその名がつけられました。
創業から300有余年にのぼる歴史は、
秋田の酒造史としても大変貴重な存在となっています。



お求めは ↓ より、
福禄寿酒造(NEXT 5 蔵元) 純米酒 十五代彦兵衛 720ml


飲んでみたい秋田の地酒の蔵元を訪ねてみましょう
「秋田の地酒 蔵元を訪ねて」




posted by 暇tarou at 20:53| Comment(0) | 福禄寿酒造・蔵元を訪ねて

秋田の地酒 秋田銘醸「爛漫 とびっきり自然な純米酒」

16864650_1860000834270625_3122255338207350766_n.jpg



「爛漫 大吟醸酒 牡丹 は、
寒仕込み低温長期醗酵で原料米の特性を引き出し、
更に一年間ゆっくりと熟成させました。

上品な旨味と滑らかな飲み口の大吟醸酒です。
原料米「秋田酒こまち」は秋田県が開発したオリジナル酒米で、
酒の雑味となる蛋白質が少なく、
溶けが良いなど優れた特徴を持つ大粒心白米です。

秋田銘醸株式会社[爛漫]http://www.ranman.co.jp/ranman/
 http://www.osake.or.jp/kuramoto/35ranman.html
「美酒爛漫」醸造元の「秋田銘醸株式会社」は、
大正11年
「良質な米と豊かな水によって造られた秋田の酒を全国へ」
という願いと期待を背に受けて県外移出の先兵として誕生しました。

当時、酒造業はそのほとんどが伝統的な家内工業でしたが、
秋田銘醸は県内の酒造家、政財界人など88名の出資者を得て
株式会社として設立されました。

県外市場で「美酒爛漫」の地盤を築くためには、
品質の優れた酒をある程度の量を安定して
供給できることが必須の条件だと考え、
最初から1万石の醸造が出来る近代的な
設備を持つ工場を建設しました。

銘柄名「美酒爛漫」は、創業時に懸賞付きで
一般公募して決めるなど、
広く県外に向けての宣伝広告にも力を入れました。


お求めは ↓ より、または上記の画像をクリックしてください、
爛漫 大吟醸酒 牡丹 720ml【楽ギフ_包装】【楽ギフ_のし】【楽ギフ_のし宛書】









(単品) 秋田銘醸 爛漫 とびっきり自然な純米酒 720ml瓶 (清酒) (日本酒) (秋田)


飲んでみたい秋田の地酒の蔵元を訪ねてみましょう
「秋田の地酒 蔵元を訪ねて」


飲んでみたい秋田の地酒 朝舞酒造 純米酒・天の戸 吟泉

16864650_1860000834270625_3122255338207350766_n.jpg


朝舞酒造 純米酒・天の戸 吟泉

秋田県南部、横手盆地のほぼ真ん中に位置する蔵元。
「酒は田んぼから生まれる」を信条に、
蔵から半径五キロメートルの米を使って酒造りをしています。
吟泉は、ふくよかな味わいとすっきりとした後味です。
燗酒から冷やまでのどんな温度帯でも引き立ちます。
晩酌の定番酒におすすめの純米酒です。


舞鶴酒造株式会社[朝乃舞]

創業大正7年。地元有志により設立。
当時の販売高は200KL前後で推移していた。
太平洋戦争中企業整備が行われたが、

存続会社として操業を続けた。
その後県外へ積極的に進出を行い県外出荷銘柄
「秋田鶴」を販売した。

現在は主に特定名称酒の販売に力を注ぎ
地元出身の蔵人によるこだわりの
手造り蔵元の確立を目指している。





朝舞酒造 純米酒・天の戸 吟泉



飲んでみたい秋田の地酒の蔵元を訪ねてみましょう
「秋田の地酒 蔵元を訪ねて」


秋田の地酒 奥田酒造 千代緑 純米吟醸原酒・重右衛門の酒

main.jpg

sub02.jpg sub03.jpg

奥田酒造店[千代緑]の酒造り

奥田酒造の佇まいは一見でシンプルで
モダンな美しさを感じさせます。
店舗の入口から奥へ進むと目に留まるのが貯蔵蔵。
その重厚な面持ちは創業300年という本蔵の歴史の
深さを感じることができます。

全面板張りの麹室や蔵を支える梁、
そして酒蔵全体を包む厳格な空気感に、
永き歴史を刻む奥田酒造の本懐を垣間見ることができます。

「千代緑」の名の通り緑豊かで爽やかな
夏のイメージがよく似合う独特な建造物です。 .

昔から変わらない「造り酒屋」を内実ともに
受け継いでおり緑茂る自然の静謐さをその味に
溶かしこんでいます。

その滑らかな舌触りは奥羽山系の良質な水と、
多雪寒冷な気候、そして地元の良質な米の恩恵であり、
奥田酒造の家付酵母が「やさしく穏やかな」な
味わいを引き立てると言われています。

洗米から瓶詰めまですべての工程において
原料と真摯に向き合いながら奥田酒造ならではの、
ここにしかない日本酒を世に送り出しています。

お酒の香味は主に仕込に使われる
米・酵母・水に左右されます。
このうち酵母については現在各蔵元や研究機関等で
純粋培養された酵母を使った仕込が一般的で、
千代緑では秋田流花酵母(AK−1)
協会9号酵母を主に使用しています。

しかし同じ品種の米、同じ酵母で仕込んでも
各蔵によって香味の違いがでてきます。

酵母菌は自然の中に浮遊したり、
果実や花の蜜に生息していますが、
酒蔵の天井や梁、土壁には昔から蔵に住みついている
『家つき酵母』がいます。

明治時代までは自然にこの家つき酵母が米を
仕込んだ桶に入って繁殖するのを待って
酒造りをしていました。

そのため蔵によって異なる家つき酵母が
その蔵独特の香りと味を醸しだし、
良い酒ができると家つき酵母はまるで
神様のような存在でした。

今では純粋培養の酵母を大量にタンクに
入れて仕込みますので安定した品質の酒ができますが、
そのタンクに家つき酵母が入り込み、
その蔵特有の香味を生みだしています。

千代緑の仕込蔵は
創業の三百五十年ほど前より幾度か建替えられ、
現在の仕込蔵は九十年余の時を経ておりますが、
その間ずっと蔵人と代を重ねた『家つき酵母』の
協同作業によって千代緑を醸し続けてきました。

千代緑のやさしくおだやかな味わいの酒質は、
今後もこの『家つき酵母』によって引き継がれております。

千代緑 純米吟醸原酒・重右衛門の酒は
『家つき酵母』に依って醸しだされたお酒です。




千代緑 純米吟醸原酒・重右衛門の酒

秋田県で開発した酵母No.12を使用して醸した純米吟醸原酒「重右衛門の酒」。
バナナのようなフルーティーな香りと軽快でキレのある味わいのお酒です。
淡麗ですっきりしたまろやかな味に仕上がっており。
冷酒で米の旨み、香りをお楽しみください。


有限会社奥田酒造店[千代緑]
延宝年間創業以来、三百有余年の歴史を誇る酒蔵、
奥田酒造は、秋田県仙北・協和地域の地酒として親しまれる
「千代緑」を造り出しています。

初代蔵元が、この街から望める初夏の緑美しい山々を詠った、
「若葉映ゆる 四方の山々 千代緑」という
俳句から銘付けられたとされています。

店舗兼主屋は、戦後の日本を代表する建築家、
白井晟一氏が設計。
軽快で洗練された造形を有する当蔵は、
国の登録有形文化財にも指定されています。



お求めは ↓ より 
千代緑 純米吟醸原酒 720ml 







千代緑 純米吟醸原酒 720ml 


飲んでみたい秋田の地酒の蔵元を訪ねてみましょう
「秋田の地酒 蔵元を訪ねて」


posted by 暇tarou at 16:28| Comment(0) | 千代緑酒造・蔵元を訪ねて

秋田の地酒 北鹿 大吟醸・北秋田


北鹿 大吟醸・北秋田

濃醇な味わいと香り豊かな含み香は日本酒の
最高峰にふさわしい仕上がりとなっています。

秋田の地酒・良質な天然水で秋田の厳寒の時期に
丹精込めて仕込まれたお酒です。


株式会社 北鹿 

昭和19年、政府の企業整備により、
北秋田郡、鹿角郡にあった造り酒屋21業者8工場が
合同しスタートしました。

その両郡の頭文字「北」と「鹿」を合わせて「
北鹿(ほくしか)」と命名されました。

北の野生鹿が踊り出る勢いにあやかりたいという
思いも込められています。

昭和46年から製造を集約的に行っていましたが、
昭和56年から現在の工場だけでの製造に切り替えた。

昭和61年8月に世界鷹小山家グループに加入。
昭和63年10月には北鹿酒類製造株式会社に
社名変更し株式会社北鹿として現在に至っています。


お求めは ↓ より、
小山本家 北鹿 北秋田 大吟醸 1800ml 1本


飲んでみたい秋田の地酒の蔵元を訪ねてみましょう
「秋田の地酒 蔵元を訪ねて」


posted by 暇tarou at 15:48| Comment(0) | 北鹿酒造・蔵元を訪ねて

高清水・山廃ひやおろし

16864650_1860000834270625_3122255338207350766_n.jpg


山廃ひやおろし 高清水 720ml

この商品は、昨年秋に収穫した大粒で良質の米を使い、
伝統の「山廃仕込み」で丁寧に醸し上げ、
夏の間涼しい蔵でじっくりと熟成。
濃醇でまろやかなお酒に仕上っております。
昔ながらの幅のある味わい深さが特長のお酒です。

「ひやおろし」とは?
春先にしぼられた新酒は、火入れ(加熱処理)の後、
夏の間は酒蔵の中で熟成の時をすごしていました。

かつて、秋の訪れとともに、程良く熟成したこの酒を、
火入れをせずに冷やのまま、貯蔵用の大桶から
木樽に「卸して(移して)へ出荷したことから
「ひやおろし」と呼ぶようになりました。

「ひやおろし」は豊穣の秋にふさわしい穏やかで
落ち着いた香りまろやかでとろりとした
「調熟」の味わいです。

秋田酒類製造株式会社 http://www.osake.or.jp/kuramoto/03takashimizu.html
江戸、明治、大正、昭和と酒造りをしていた12の酒造蔵が、
昭和19年に完全企業合同を行い秋田酒類製造株式会社として
発足したのが「高清水」の始まりです。

その折、戦後新体制の中で心機一転銘柄を改めようと公募したところ、
5,037点の応募の中から選ばれたのが「高清水」。
秋田市寺内大小路(通称「桜小路」)に今もこんこんと湧く霊泉
「高清水」にちなんだものとされています。



季節限定に付き「高清水ひやおろし」は終了いたしました。
秋田の地酒
高清水のお酒いろいろ
https://item.rakuten.co.jp/akitatokusan/c/0000000331/
 
秋田の地酒 35の蔵元を訪ねて