2017年12月30日

お酒を楽しく飲む には

お燗・お湯割りの魅力

お酒は体内に入ると体温に近い温度で
アルコールの吸収が始まるようです。

それで冷たいお酒は酔いが回るのに時間がかかる一方で、
温かいお酒は早く酔いを感じることから
悪酔いすると誤解されることがあります。

温かいお酒はそのぶん酔いが覚めるのも早く、
また内臓が温まり食べ物の消化もよくなるので、
適量を守れば身体に優しい飲み方とも言えます。

日本酒に多く含まれる有機酸は温めると
旨味を感じられるようになるのです。


酒器との関係

酒器の形状・材質・大きさ・厚さなどによって
飲み手の印象が変わるのもお酒の不思議な魅力です。

視覚ももちろんですが、特に形状による違いは
香りの立ち方や味の感じ方に少なからず影響します。

また、舌の部位と味覚の関係、
お酒のタイプや飲み方とももちろん関係します。


お酒の賞味期限・保存

日本酒も本格焼酎も時間と共に香味が徐々に変化します
それは品質や保存状態によって評価が異なります

変化の前後で価値基準が変わるので一概に
良し悪しを決めることはできません。
したがってワイン等にも表示がないように、
酒類はCOODEX(国際食品規格)でも賞味期限の表示は
不要と定められているのです。

熟成によって品質や価値が変化するからです。
ただし、温度や光の影響が大きいので、
要冷蔵表示商品以外の酒類も冷暗所の保存が良いです。

開栓後は早めに飲む方が出荷時の品質に近い
状態であるのは間違いありません。
開栓してしまえば、その後に貯蔵しても価値は生まれません。
開栓したら早めにお飲みください。


A14078_T1.jpg




posted by 暇tarou at 19:54| Comment(0) | 日本酒の種類 酒の知識

2017年12月03日

秋田の地酒 鈴木酒造店 秀よし 寒造り純米酒 1.8L


鈴木酒造店 秀よし 寒造り純米酒 1.8L

淡麗でありながら、柔らかく味にふくらみがあり、
微かな吟醸香が心地良いお酒です。
原材料:米・米麹
精米歩合:60%
アルコール度:15度以上16度未満

秋田藩内の酒造業者から名酒を久保田城下に集め今でいう
品評会を催したところ当蔵の酒が特にお気に召され、
それまで御用酒であった「清正」より秀れているとの由、
以後「秀よし」と命名せよとの御下命を承る

嘉永 元年(1848年)秋田佐竹藩内の御用酒に指定される

鈴木酒造代表 鈴木直樹氏にお話を伺いました。
鈴木酒造店は、秋田佐竹藩の御用酒蔵として愛されてきました。
その挟持を忘れずに、お米の味を贅沢に表現し、
秋田の地酒として食文化を未来に残せるよう、
大事に守っていけたらと思います。

これから10年、20年、何十年と時が経過しても、
秋田に『秀よし』があって良かったと思われるよう、
社員一人ひとりの個性を生かしつつ努力していきたい。

不易流行の精神で地元のお客様のために存在する酒蔵でありたい。
また『誰が、どこで、どのように造っているのか』を、
常に蔵を開放することで知っていただき、
お客様から信頼を得、更には酒蔵の歴史に触れることも
楽しんでいただきたいと思っています。とのことでした。


お求めは ↓ より
鈴木酒造店 秀よし 寒造り純米酒 1.8L



mono88834627-140318-02.jpg
材質:本体/天然木・陶器 チロリ/錫質量:2kg。
陶器にお湯を入れ、チロリをセットするだけで 簡単に燗ができます。
燗温度は陶器の中のお湯の量で調節でき、そのままキープ。 (約15分)。
電気・ガス不要で燗が早い。(90秒/1合)。
蓋付錫チロリで香りも楽しめます。蓋付錫チロリがご使用できます。

posted by 暇tarou at 15:04| Comment(0) | 鈴木酒造店・秀よし

2017年12月01日

新政酒造 純米酒(瑠璃)美山錦 生もと仕込み 

16864650_1860000834270625_3122255338207350766_n.jpg


新政 純米酒 瑠璃(ラピス)2016 美山錦 生もと仕込み 720ml

通称「ラピス」。
東北を代表する酒米「美山錦」の清涼にして端正な味わいが楽しめる定番作品。
麹米には40%、掛米には50%とそれぞれ異なる磨きを配し、
米の性質をよく表しながらも軽快な酒質に仕上げている。「
ラピス」は、新政の基本的な味わいを表現する「定点観測」的な作品です。

【美山錦】
生誕年[登録年]:1978年(昭和53年)
生誕地[登録県]:長野県
平均収量:約9俵/反
新政酒造における主要栽培地:秋田県湯沢市



新政酒造株式会社[新政]製造部長 古関 弘 さん
「『全量秋田県産米、全量純米造り、醸造用副原料も使用しない、
すべて当蔵発祥のきょうかい6号での仕込み』
これが、私たちが自身に定めた造りのポリシーです。

日本酒とは何か、日本酒のおいしさとは、美しさとは何なのか、
常に自問自答を繰り返し挑戦し続けることが新政のスタイルです。

数ある日本酒の中から、
あえて新政を選んでくださるお客様の期待に答えるため、
流通まで含めた全ての工程にベストを尽くそうと努力しています。

不思議なもので酒には何かしら造り手の雰囲気が映ります。
ですからお客様の人生に、なにかしらの勇気を与えることができるよう、
造る喜びや生きる喜びに満ちた現場を作り上げることも私の大きな仕事です。

現社長とは同い年です。蔵元として伝統を継承していく社長と、
先達の蔵人達から職人の仕事というバトンを渡された私、
大きな流れを感じながら日々仕事と向かい合っています


お求めは ↓ より または画像をクリックしてください。
新政 純米酒 瑠璃(ラピス)2016 美山錦 生もと仕込み 720ml【新政酒造】【秋田県】


















燗瓶 天目手付燗瓶3号 [10.5 x 12cm 600cc]
直火 | 熱燗 日本酒 お酒 徳利 きき酒 バー bar 晩酌 人気
食器 業務用 飲食店 カフェ うつわ 器 おしゃれ かわいい
ギフト プレゼント 引き出物 誕生日 贈り物 贈答品

posted by 暇tarou at 17:02| Comment(0) | 新政酒造・瑠璃 美山錦

刈穂酒造 刈穂 山廃純米 超辛口 1800ml


刈穂酒造 刈穂 山廃純米 超辛口 1800ml


伝承の山廃もとで極限までの醗酵に挑んだ超辛口純米酒。
辛さだけではない凝縮された旨味が広がります。

醸造元:刈穂酒造株式会社(秋田県大仙市戸地谷字天ケ沢83-1)
容量:1800ml
原材料:米(国産)・米麹(国産)
精米歩合:60%
アルコール度:16度


刈穂酒造株式会社
刈穂酒造となっている蔵づくりの建物は、
1850年(嘉永3年)に建てられた歴史あるものです。
ペリーの黒船が浦賀に来航する3年前、
鎖国していた日本の歴史が大きく動き始める時期でした。

秋田県随一の雄物川の畔に建つ蔵は水運を利用した物流の拠点となっていました。
1913年(大正2年)、隣村で酒蔵を営む伊藤恭之助がこの歴史ある蔵を譲り受け、
仲間と共に酒造業を始めました。ここに刈穂酒造の歴史が始まります。

近隣で栽培される良質な原料米を使用した地道な酒造りをすすめ、
太平洋戦争中は一時の中断もありましたが、
戦後復活してからも早くから高品質酒の醸造にシフトし、
現在は醸造される全ての酒が特定名称酒となっております。

刈穂の酒名は、飛鳥時代の天智天皇(626年−671年)の和歌
『秋の田のかりほの庵の苫をあらみ我が衣手は露にぬれつつ』に由来します。
この詩は田畑を耕す農民の生活を思いやった和歌といわれており、
酒造りをするものにとって深い意味を持っています。


お求めは ↓ より または画像をクリックしてください。
刈穂酒造 刈穂 山廃純米 超辛口 1800ml




posted by 暇tarou at 11:20| Comment(0) | 刈穂酒造・山廃純米辛口