2017年10月01日

秋田の地酒喜久水 吟醸 縄文能代と純米吟醸 喜三郎の酒、

16864650_1860000834270625_3122255338207350766_n.jpg


吟醸 縄文能代、と純米吟醸 喜三郎の酒、のセット

地元農家との契約栽培の酒米華吹雪100%使用、
社長の求める旨い酒に仕上げた吟醸酒

能代には、
まだまだ発掘されていない縄文遺跡が数多くあります。

縄文時代の口噛みの酒から発達してきた
日本酒の醸造方法で、
現在の最候峰をいくこの吟醸酒は、
喜ばしい晴れの日のお酒としてご愛飲してください。

喜久水の名称がまだない明治の頃、
能代港町の荒町に平沢喜三郎商店は
「喜三郎の酒」の名のもとに、
土地のひとびとに親しまれていました。

現在でも喜三郎の通称を知っている人が多いようです。
その頃の酒は純米酒でありました。
できあがったのがこの「喜三郎の酒」です。


喜久水酒造合資会社[喜久水] 

明治8年、初代平澤喜三郎氏が秋田県能代市に
創業した蔵元、喜久水酒造。

藩政時代からこうじ屋を営み、
その前身は弘化年間にさかのぼると言われています。

喜久水酒造で醸される日本酒は、
創業当時から「喜三郎の酒」として
地元の酒豪たちに親しまれ、
「日本の御国と共に祝うべし幾千代くめどつきぬ喜久水」
という歌から名付けられた

「喜久水」の名が浸透したのは
大正時代に入ってからだという。

現在は6代目喜三郎氏により数多くの銘柄を造り出しています。

喜久水酒造といえば、
鉄道用地下トンネル跡地を日本酒の貯蔵庫として使用した
「トンネル地下貯蔵」があることで知られています。

国の登録有形文化財に指定されるこの貯蔵庫は、
明治33年に竣工した旧奥羽本線にあった
トンネルとして使用されていたもの。

平成8年より喜久水酒造にて所有し、
歴史あるレンガ造りで全長約100メートル、
一年を通じて一定庫温12度に保たれ、
まさに巨大な日本酒セラーといえるでしょう。


お求めは ↓ より、
縄文能代・喜三郎の酒セット


飲んでみたい秋田の地酒の蔵元を訪ねてみましょう
「秋田の地酒 蔵元を訪ねて」




posted by 暇tarou at 14:25| Comment(0) | 喜久水酒造・蔵元を訪ねて
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: