2017年10月01日

秋田の地酒 白瀑 純米吟醸 備前雄町 赤ラベル

16864650_1860000834270625_3122255338207350766_n.jpg


白瀑 山本純米吟醸 備前雄町 赤ラベル

秋田県の白爆6代目蔵元山本友文氏が精米から始まる
全ての工程に一貫して携わった入魂の銘柄が『山本』。

山本銘柄の秋季限定酒はインパクト大なラベルの通称
「赤ラベル」と呼ばれております。

備前雄町のほのかな甘さを酸が包み込むような
柔らかい酒質が特徴です。

芳醇な含み香にジューシーな酸味と甘みが
絶妙なバランスで口中に広がり、
最後はスッと切れる繊細な後味が秀逸です

蔵の裏山の棚田で有機栽培した酒こまちだけで
仕込んだ山本シリーズの秘蔵酒です。

蔵に引き込んでいる湧水を夜間だけ田んぼに
切り替えて栽培しているので、
付加価値は日本一と自負しています。

収穫できる米の量は一般的に行われている
化学肥料を使った栽培の1/3ほどで、
タンク1本しか仕込めません。

田植えや雑草取り等の作業を一緒に行った
酒屋さんだけでこっそりと販売しております。
春には生原酒も販売してます。


山本合名会社[白瀑] 

明治34年秋田の県魚ハタハタ漁で有名な
日本海沿岸の漁村、八森村(現八峰町)に創業した蔵元、
山本合名会社は「白瀑(シラタキ)」の名で愛され、
昭和40年代初頭には全国に先駆けて大吟醸酒を商品化し、
東京や神戸の料亭などに提供し好評を得ました。

近年には杜氏制を廃止し、
蔵人皆が自由に意見を出し合える環境を作り、
「蔵人みんなで作る酒」を志しています。

当蔵の仕込水は、
裏山の中腹に湧き出る天然水を使用しており、
日本海沿岸に位置する当蔵にとって、
この湧き水を蔵まで引き込むことは大変難しく、
村民を総動員して3kmに渡る自家水道を
設置したという歴史を持ちます。

また蔵内に流れる、ビートルズのBGMは、
蔵人が気持ち良く酒造りに取り組める
要因になっています。

平成22年から醸造アルコールを
添加する本醸造と大吟醸を廃止し、
純米吟醸、純米大吟醸のみを
生産する純米蔵となりました。

「酒造りは米造りから」を徹底させ、
自社の仕込み水が100%流れ込む棚田で蔵元が
自ら酒米の栽培を開始し、
その約半分を無農薬&無化学肥料栽培で
行っています。

仕込水で酒米を栽培し商品化している酒蔵は
全国的にも前例がなく
「世界一付加価値の高い酒米」を生産していると言えます。

「無農薬 純米山本」も蔵人自らが完全無農薬で
栽培した酒米を使用した大変貴重な限定酒です。



お求めは ↓ より、
山本合名 白瀑 山本純米吟醸  720ml≪数量限定≫


飲んでみたい秋田の地酒の蔵元を訪ねてみましょう
「秋田の地酒 蔵元を訪ねて」



【山本白瀑酒造・白爆(しらたき)蔵元を訪ねての最新記事】
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: