2017年10月01日

秋田の地酒 秋田誉 純米吟醸 亀の尾仕込み

16864650_1860000834270625_3122255338207350766_n.jpg


秋田誉酒造 純米吟醸 亀の尾仕込み

秋田酒こまちは秋田県で15年の歳月を経て
開発された酒米です。

秋田の酒造りの特徴である長期低温発酵を生かし
上品な旨さと軽快な後味に仕上げました。

幻の酒米といわれる「亀の尾」を蔵人が栽培し醸造。
原料米100%使用のやや辛口、
独特の際だつ味わいが魅力です。

酒の国秋田が育てた酒米の爽やかな
酔い心地をお楽しみください。


秋田誉酒造株式会社[秋田誉] 

山と川と海のある城下町で、
米どころでもある由利本荘市。

子吉川の左岸、
本荘港の近くに建つ秋田誉酒造株式会社は、
昭和19年の企業整備令で十数社の企業合同によって
発足しました。

合同蔵各々の歴史は古く、江戸末期、
明治初期がほとんどです。「秋田誉」の名称は、
銘醸の地・秋田の誉れとなるようなブランドに育てたい
との願いが込められています。

酒質の基本は辛口を基調としており、
秋田のメーカーとして早期に純米酒や吟醸酒の
販売を開始した企業でもあります。

秋田誉では「気候風土、蔵人一体の酒造り」を
コンセプトに厳寒期に少人数で酒造りを行っています。
秋田県産米と天然水、

そして特定名称酒には秋田の酵母を使い、
奇をてらわない昔ながらの酒造りを心がけています。
創造することを大切に考え、
蔵人が育てた酒米「亀の尾」の純米吟醸、
良質の米粉で造る本格焼酎「智水」なども好評です。

酒造りの理念は「造りは創りに通ず」。
日本酒、本格焼酎を伝統文化だけにとらわれることなく
「今の時代の飲み物」として提案しています。

仕込みに使用する水は硬軟水です。
良質な醸造用水を求め探索したところ、
“秋田富士”鳥海山の伏流水と思われる湧き水を見つけ、
600mのパイプを引いて各工程に使用しています。

県の優良酵母である秋田流花酵母
(AK-1)をはじめ、さまざまな酵母を使い分け、
香味良好で喉越しの良い飲みやすい酒を醸しています。



お求めは ↓ より、
秋田誉酒造 純米吟醸 亀の尾仕込み 720ml








飲んでみたい秋田の地酒の蔵元を訪ねてみましょう
「秋田の地酒 蔵元を訪ねて」



posted by 暇tarou at 15:49| Comment(0) | 秋田誉酒造・蔵元を訪ねて
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: