2018年01月18日

喜久水酒造 吟醸純米 能代 喜三郎の酒

tonnel-pic1.gif

tonnel-pic2.gif

sub02.jpg

トンネル地下貯蔵庫
sub04.jpg
喜三郎ちゃん談
長期貯蔵した酒がおいしいと話に聞いた。
一つやってみようかと心に決め
台所の地下に吟醸酒を入れてみた。
杜氏曰く 1年もしないうちに腐る。
先代社長曰く 旨くなるわけねっべ。
他人曰く 馬鹿なあんちゃだ。
若い奴曰く やってみなけりゃわからん
と大喧嘩の末、毎年10本の吟醸酒を買入れた。
10本買い足して隠して5年。
1年で1本飲んで10年古酒が出来るはずであったのが、
あまり旨いので5年でなくなった。
20年前のことであった。


酒蔵の特徴

喜久水酒造といえば、
鉄道用地下トンネル跡地を日本酒の貯蔵庫として使用した
「トンネル地下貯蔵」があることで知られています。

国の登録有形文化財に指定されるこの貯蔵庫は、
明治33年に竣工した旧奥羽本線にあった
トンネルとして使用されていたもの。

平成8年より喜久水酒造にて所有し、
歴史あるレンガ造りで全長約100メートル、
一年を通じて一定庫温12度に保たれ、
まさに巨大な日本酒セラーといえるでしょう。















喜久水酒造の種類の案内ページ ↓ 
http://kikusuisyuzo.com/?page_id=7





posted by 暇tarou at 16:44| Comment(0) | 喜久水酒造・喜三郎の酒、
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: