2018年01月18日

鈴木酒造店 秀よし 本醸造 原酒 720ml

鈴木酒造店 秀よし 本醸造 原酒 720ml
歴史の古き酒蔵
明治初年に建て替えられた家屋と酒蔵は、
永い年月を経たものだけが持つ重厚感と風格を感じます。
酒蔵の中にはお米を蒸すための巨大な「和釜」や
お酒を搾るための総漆塗りの
「酒槽」(さかぶね)などが鎮座しています。
どの道具も現役で使われているとは信じられないほど愛用しています。

鈴木酒造、酒蔵の特徴

代表を務める鈴木直樹氏にお話を伺いました。
わたしたち鈴木酒造店は、
秋田佐竹藩の御用酒蔵として愛されてきました。

その挟持を忘れずに、お米の味を贅沢に表現し、
仙北の地酒、秋田の地酒として食文化を未来に残せるよう、
大事に守っていけたらと思います。

これから10年、20年、何十年と時が経過しても、
秋田に『秀よし』があって良かったと思われるよう、
社員一人ひとりの個性を生かしつつ努力していきたい。

不易流行の精神で地元のお客様のために存在する酒蔵でありたい。
また『誰が、どこで、どのように造っているのか』を、
常に蔵を開放することで知っていただき、
お客様から信頼を得、更には酒蔵の歴史に
触れることも楽しんでいただきたいと思っています。

これからも、日本酒と料理の出会いの喜びを
楽しんで頂けると嬉しいですね。































posted by 暇tarou at 21:34| Comment(0) | 鈴木酒造店・秀よし
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: