2018年01月22日

秋田の地酒 高清水酒造 大吟醸 嘉兆 

16864650_1860000834270625_3122255338207350766_n.jpg

高清水酒造の酒造りとは

今夜も高清水を楽しみにしてくださるお客様がいます。
高清水は、そのことを、かた時も忘れず、
よりおいしいお酒をお届けするために、努力を積み重ねています。

「酒質第一」。高清水が何よりも大切にしていることです。
そのために、できるかぎり手作業にこだわります。

たとえば酒母造り。酒母とは「酒のもと」。
水と蒸米と米麹を混ぜ、その中で清酒酵母を育てます。「

麹造り」「もろみ造り」とともに、
酒造りの大変重要な作業です。高清水はこれを、
小さな仕込み容器で行います。

小さな容器を選ぶのは、人の手で、
より丁寧な作業ができるからです。

酒母係は、やさしく櫂を入れながら、
ときには湯たんぽのような暖気樽(だきだる)沈めたり、
ときには氷の入った冷温器を入れ、
繊細な温度管理をしています。

高清水のお酒の1本1本は、
全てこのような手作業から生まれています。
人手をかけるべきところには、かける。

高清水を愛してくださるお客様のために、
蔵人は手間を惜しむことなく、
酒造りに情熱を傾けています。


選りすぐりの「秋田県産美山錦」をやさしく丁寧に磨き、
徹底した温度管理のもとで大切に育みました。

気品ある香り、深い味わい。
高清水の高度な品質管理から生まれる大吟醸酒をお楽しみください






「米の秋田は酒の国」蔵元36蔵のブランド案内

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: