2018年01月27日

秋田酒造 秋田晴 酔楽天 大吟醸 720ml

07t.jpg  shop-img.png
秋田酒造[酔楽天、秋田晴]

秋田酒造株式会社の前身である國萬歳酒造は、
初代 川口新助が網元として業績をあげ蓄財の機会を得て
「まるちょうさん」の屋号で創業しました。

当時の秋田税務署長 菊地 園氏より明治41年10月15日付で
2百石の製造免許を許可されました。
当初の社名と酒ブランドは「萬歳」でありましたが、
日露戦争の大勝を祝し「國萬歳」と名づけられました。

秋田酒造株式会社は昭和44年、
國萬歳酒造株式会社の瓶詰・販売会社として設立しました。
両社が平成24年10月1日付で合併し、
秋田酒造株式会社となっております。

秋田市新屋はかつて秋田地酒発祥の地として
知られており酒の産地として名を馳せていました。

新屋は湧水の町として知られていて海岸沿いの砂丘地にあり、
現在も町のいたるところに豊富な湧水や井戸が点在しています。

雄物川の河口付近に位置した船着場であったことから
物流が盛んでありその為、上流で取れた質の良い
酒米が手に入りやすく日本酒の醸造が大いに栄えました。

醸造業に適した地であった為、
明治時代頃には12軒もの蔵が酒造りをしていましたが
現在は秋田晴を残すだけとなっています。

秋田地酒発祥の地としての誇りと伝統を受け継ぎ、
多くの人達においしい日本酒を届けることが
秋田晴の使命とのこと。


















この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: