2018年01月29日

秋田の地酒 千歳盛酒造 千歳盛(ちとせざかり)くら酒 原酒 

22f118c99046f46c9899c2fd65fdd20081fc9e69.jpg

d14pr.gif

千歳盛酒造株式会社「千歳盛」
明治5年に創業。
昭和13年に全国清酒品評会で名誉賞を受賞しました。

創業以来尾去沢鉱山の隆盛と共に歩んできたが
企業合同の合理化等により鹿角の酒造りが
跡絶える危機に直面したが、
昭和62年に存続体制が確保でき、
平成3年に地元酒類業界が結束し、
新会社設立が実現した新たな一歩が踏み出せた

蔵元名を現在の社名として地元を主体にした
地域密着型での展開を行っています。

酒銘は創業者の初代田村茂助により、
不老長寿の願いを込めて「千歳」と命名されました。
その後、平成4年に世の繁栄と人々の長寿を願い、
「千歳盛」(ちとせざかり)となりました。


酒蔵の特徴
厳しい冬の清新な気候と水で、
長い期間にわたって寒造りができる環境です。

仕込み水は奥羽山脈の白洲台地からの伏流水。
リン酸や塩化物など醗酵促進の有効成分が多く含まれています。
酒造りは小さく大事に育てるのが身上であり、
半地下構造の仕込蔵で、小型の仕込みをしています。.

杜氏の安保克広さんは言ってます、すっきりとした、
淡麗な味わいの酒造りを心掛けていますと。

大勢のお客様がいらっしゃる
十和田八幡平国立公園のすぐそばに蔵があります。
地元の方が自慢してくれるような酒、
鹿角を訪れる皆様の心に残るような酒になるよう、
品質本位に蔵人の和を大事にしていきたいと思っておりますと。
















この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: