2018年02月17日

鈴木酒造店 秀よし(ひでよし) 大吟醸酒 1800ML

background15winter_03.jpg

合名会社鈴木酒造店[秀よし]

酒蔵の特徴
美しい奥羽の山並みから流れ下る清冽な水。
日本有数の穀倉地帯・仙北平野の実り豊かな水田。
この豊かな伏流水とこの地で生産された酒造好適米などを
使い秀よしの酒は造られています。

酒造りの方針は『その地で育まれた食文化に合う日本酒』を造ることです。
私が生まれ育ったこの地域で食される料理は、
私の体や心を作り、味覚も作り上げました。

ですから「秀よし」が醸す酒はこの地の料理に合う酒でなければなりません。
生産量の八割は地元で飲んでいただけるように心がけております。

また、江戸時代から精米歩合については気をつけており、
先々代からも度々高精白を心がけることを教えられてきました。

今も全量自家精米でキレの良いバランスの取れたお酒を生産しております。


「中だれ」とは

酒しぼりの過程の呼び名で
上槽(じょうそう)とは、醪(もろみ)を搾り、
酒と酒粕に分ける作業を指します。

手作業で酒袋に醪を入れ、槽(ふね)と
呼ばれる昔ながらの搾り機で搾ったり
通称:ヤブタと呼ばれる自動圧搾機でこの作業を行います。

槽の口から出る搾りたての酒ちなみに槽を用いた搾りで、
一番最初に滴り落ちてくるのが「荒走り(あらばしり)」と
呼ばれる微炭酸で若々しく、すっきりとした酒。

次いで「中垂れ(なかだれ)」「中汲み(なかぐみ)」
「中取り(なかどり)」と呼ばれる味と香りが
一番のった酒が出てきます。

最後に酒袋の位置を変えたり、重りを載せ変えたり
粕と酒に分ける最終段階のことを「せめ」と呼び、
雑味が多く、味も荒さを感じる酒が出てきます。

袋吊り斗瓶取りさらに贅沢な大吟醸タイプや
品評会出品酒に用いられる「袋吊り」「斗瓶取り」
「斗瓶囲い」と呼ばれる搾り方。

醪が入った酒袋を吊るし、
ゆっくりと自然に滴り落ちる滴をタンクで受けて、
ガラス製の一斗瓶に貯め、保管する方法です。

これを別名「雫酒(しずくざけ)」と呼び、
その酒の一番美味しいところが味わえるぜいたく品です。












お求めは画像または ↓ より希望の品をクリックしてください
秀よし(ひでよし) 大吟醸酒 1800ML ≪秋田県≫
秀よし 特別大吟醸秘蔵酒 1800ml
秀よし大吟醸生 中だれ1800ml





熟女チャンネル
posted by 暇tarou at 16:34| Comment(0) | 鈴木酒造店・秀よし
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: