2018年02月28日

秋田の地酒 地酒とは秋田の酒蔵醸造酒のこと言いたい美味い酒

秋田の地酒 地酒とは秋田の酒蔵醸造酒のこと言いたい美味い酒
16864650_1860000834270625_3122255338207350766_n.jpg

秋田の杜氏(とうじ)とは

語源については諸説ありますが、
酒造りは古くは一家の主婦の仕事であり、
その主婦が「刀自(とじ)」と呼ばれていたことから転じて
「杜氏」になったという説が有力です。

日本酒は酒造りの専門的技術を身につけた
「蔵人(くらびと)」によって造られますが、
杜氏は蔵人たちの長であり、現場の最高責任者です。

技術面はもとより、蔵内の統制・管理・判断能力に
秀でた人格者であることが要求されるため、
蔵人の誰もがいずれ杜氏になれるとは限りません。

杜氏は、お酒をいたわる愛情と、
組織を統制する力を備えたリーダーとして存在しているのです。

酒造りは繊細で複雑な工程がたくさんあるために
高度な技を必要とします。

近年はコンピュータ技術が発達して
精巧な管理も可能になりましたが、
最後はやはり人間の勘や経験が酒の出来栄えを
左右することに変わりはありません。


秋田の地酒「天巧」
酒造りについてのこだわり。 「
「天巧」の酒造りは『秋田流生酛造り』が特徴です。
※右側下方向に画像があります。

酒造りに大切な酛造りにはいくつか方法がありますが、
14日ほどで酛が作れる『速醸酛造り』に比べると
倍の時間が必要となるのが「天巧」酒造りの方法です。

電動ドリルを用いて酒米をすりつぶすという小玉健吉氏が編み出した
「秋田流生酛造り」を今も大切に受け継いでいます。

後味が良い酒を目指し、一杯で満足するのではなく、
ずっと飲んでいたくなるようなお酒を造りたいとのこと。

お燗にしても、しっかりとしたお酒、コクがあって、味わい深い。
でもスッキリとした飲み口を感じられます。

それこそが、食中酒として飽きずに飲めるお酒だと思います。
飲めば造り手の顔が見えるような、温かさを感じられるような
お酒を造り続けているとのことです。

全国新酒鑑評会など数々の鑑評会で金賞を受賞すると共に、
平成五年には全国・東北・秋田と揃ってトップとなる三冠を達成。
あえて手間暇のかかる生もとや吟醸を主力とした
こだわりの酒造りを続ける、
ちょっと頑固な蔵元としても知られています。






熟女チャンネル
posted by 暇tarou at 22:57| Comment(0) | 小玉醸造・太平山 天巧
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: