2019年06月14日

秋田の地酒 蔵元を訪ねて地酒の旨さを堪能しようFの@ページです

16864650_1860000834270625_3122255338207350766_n.jpg

秋田の地酒 蔵元を訪ねてFの@ページ
酒造所 地元で良く飲まれているお酒の事柄を知り
その蔵元を訪ねて地酒の旨さを堪能できるでしよう
またその酒蔵の逸品をもご案内いたします。

Aページへはここをクリックしてください。

@千歳盛 かづの銘酒(株)・鹿角市
https://chitosezakari.jp/

「千歳盛」蔵は秋田県の北東の端
青森・岩手と県境に位置する鹿角市に所在します。

鹿角地域は昼と夜の寒暖差が多く米の栽培適地であり
山々に囲まれているため豊富な天然水に恵まれております。

良い米と良い水を北国秋田の中でも群を抜いた厳寒な地域鹿角で
丁寧にじっくりと時間をかけて仕込まれたお酒です。

元々は地元で飲まれる濁酒などを造っておりましたが
技術を磨き、昭和初期には上質な清酒を造りだす
酒蔵へと至り全国清酒品評会で数多く入賞しました。

昭和13年にはその栄誉を称えていだだき名誉賞を受ける。
酒銘は創業者の初代田村茂助により、
不老長寿の願いを込めて「千歳」と命名されました。

大正11年に世の繁栄と人々の更なる長寿を願い、
「千歳盛」となりました。

無題.png
無題.png       無題.png     無題.png
千歳盛 上撰 1800ml 千歳盛 純米吟醸720ml 千歳盛 大吟醸720ml 鏡田



A北鹿 (株)北鹿・大館市
http://www.hokushika.jp/

昭和19年政府の企業整備により北秋田郡、
鹿角郡内の21業者8工場が合同し新企業を起こしました。

企業の合理化を行い昭和46年から現在地大館市にて、
集約製造を開始、昭和61年に世界鷹小山家グループ」に加入、
「お客様に喜んでもらう酒造り」に努めています。

旧街道秋田県の北部に位置する北秋田郡と鹿角郡、
その両郡の頭文字「北」と「鹿」を合わせ「北鹿」と命名、
北の野生鹿が躍り出る勢いにあやかりたいとの
思いが込められております。

logo_mark.png

hj_jyousen2.jpg   jg_kitaakita.jpg   rokumeinoutage.jpg
北鹿 上撰本醸造 1800ml 北鹿 北秋田 純米大吟醸 720mL 北鹿 鹿鳴の宴 大吟醸 1800ml  北鹿 鹿鳴の宴 大吟醸 720mL




B 喜久水 喜久水酒造(資)・能代市
http://kikusuisyuzo.com/?page_id=19

sub04.jpg

喜久水酒造代表 平澤 喜三郎 さんに聞く
六代目喜三郎氏、豪快で明るく、
そして何より大の酒好きという人柄がうかがえます。

「地元の人たちのための酒造り、
市民権と存在価値を得る酒造りを考えています。

このことを貫くことが良質の酒を造り続ける
秘訣だと思っていますと。

何よりも自分たちが「うまい!」と思える酒を造り上げるため、
蔵人との日々試行錯誤ですよという。

造る酒を蔵人たち全員でイメージを共有するために、
日本酒の飲み比べも頻繁にやっています。
当たり前だけど旨い酒ほど飲まれる量のスピードは速いですねと」

label118-kikusui.jpg

zizake18-kikusui.jpg zizake05-hanachirusato.jpg   喜久水 寒仕込み1.8L      喜久水花散里 大吟醸酒1.8L




C白瀑 山本(名)・八峰町
http://www.shirataki.net/products/index.php?sgenre=1

山本合名会社の酒造りは
平成22年から醸造アルコールを添加する
本醸造と大吟醸を廃止し、
純米、純米吟醸、純米大吟醸のみを
生産する純米蔵となりました。

「酒造りは米造りから」を徹底して、
自社の仕込み水が100%流れ込む棚田で
蔵元が自ら酒米の栽培を開始し、
その約半分を無農薬&無化学肥料栽培で行っています。

仕込水で酒米を栽培し商品化している
酒蔵は全国的にも前例がなく、
「世界一付加価値の高い酒米」を生産していると言えます。

「無農薬 純米 山本」も、蔵人自らが完全無農薬で
栽培した酒米を使用した大変貴重な限定酒です。

thum_12yamamoto.png

20181005094726.jpg
山本 純米吟醸 Pure Black 1800ml   山本 純米大吟醸 木桶仕込み 720ml



D刈穂 刈穂酒造(株)・大仙市
https://www.igeta.jp/about-kariho/

img1.jpg

刈穂の酒造りの特長
刈穂の酒は熟練した杜氏と新しい感性を持った若手の蔵人、
そして繊細な感覚を持った女性蔵人によって生み出されます。
3者の技術と感性が融合して伝統的手法から新しい
味わいの酒が醸し出されます。

刈穂の仕込水は奥羽山脈に源を発する
自然水が地下に浸透して蔵周辺の砂礫層を
通過して一年中豊富に湧き出ます。

蔵敷地内の3本の井戸から汲み上げられる
この水は天然のミネラルを含む中硬水で、
日本酒の醗酵を順調に進め、
香味あざやかなキレのある味わいに
仕上げる性質があるとのこと。

刈穂の酒造りの特徴は蔵伝統の山廃仕込みです。
天然の乳酸菌のはたらきと酵母によって
約60日間の低温長期醗酵を行い、
多様な味成分とキメ細やかな旨味を生み出します。

山廃仕込みの酒は料理との相性が良く、
食材の味を引き立てながら心地よい
喉越しを感じさせます。
また蔵内に生息する自然酵母での
仕込みも行っているのです。

刈穂の酒造りの最後を締めるのが
伝統の酒槽(さかふね)しぼりです。

酒槽しぼりは非常に手間がかかるため、
造られるすべての酒を槽でしぼる蔵は
全国的にも稀です。

蔵に現存する6台の槽で無理な
圧力をかけられずに、ていねいにしぼられた酒は、
刈穂の特徴で力強い味わいと香味のキメ細やかな
バランスを保ちながら貯蔵され出荷されます。

FPIx2WNxwzDQD_86VcWJM8aOAMEu36Y_eJP6b4SAANj2I7Va66q.jpg

AS_KH_ginpu_honjyouzou_1_8-45x150.jpg  AS_KH_Junmaiginjo_Aiyama_1800-44x150.jpg  AS_KH_daiginjyou_1_8-93x150.jpg
刈穂 大吟醸酒 嘉永 720ml
刈穂 本醸造 銀風 瓶 1800ml
刈穂 純米吟醸 愛山1800ML
刈穂 大吟醸 1888ml


Aページへはここをクリックしてください。
次の蔵元へと続きます。

posted by 暇tarou at 05:13| Comment(0) | 秋田の地酒 蔵元を訪ねて
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: