2019年06月16日

秋田の地酒 蔵元を訪ねて地酒の旨さを堪能しようFのCページです

16864650_1860000834270625_3122255338207350766_n.jpg

秋田の地酒 蔵元を訪ねてFのCページ
酒造所 地元で良く飲まれているお酒の事柄を知り
その蔵元を訪ねて地酒の旨さを堪能できるでしよう
またその酒蔵の逸品をもご案内いたします。


太平山 小玉醸造(株)・潟上市
https://www.kodamajozo.co.jp/

こだわりの「太平山」ブランド
味噌と醤油の醸造の傍ら、大正2年からは酒造業にも着手。
地域で最も親しまれている名峰に由来する
「太平山」ブランドの酒を世に送り出しました。

昭和8年には全国初となる冷用酒「玲琅太平山」を発表。
翌9年には全国酒類品評会において
出品総数約5,000点の中で第一位を獲得するなど、
秋田を代表する銘酒として
全国にその名が知られるようになりました。

最近では特定名称酒の製造に力を入れています。
近隣農家が栽培した酒米を使った酒造りを行い、
地元の酒が売れることで近隣の農家を盛り上げたいと。

地域を大切にしてきた小玉醸造だからこそ、
そんな思いを抱きながら酒造りを行っているのです。

home-news.jpg    

04051626_5ca7031a58b57.jpg06131207_5d01bdf227ab8.jpg
太平山 本醸造からくち 1800ml
太平山 純米大吟醸天巧 1800ml
令和元年 金賞受賞酒  大吟醸720ml




福禄寿 福禄寿酒造(株)・五城目町
http://www.fukurokuju.jp/index.html

蔵へのこだわり 福禄寿酒造(株)社長 渡邉 康衛
日々「愉しい酒」を目指し、酒造りに精進しております。
ひとつひとつ丁寧に手造りで造ることを柱とし、
手造りでやらなければいけない行程、
機械に任せた方が効率よく、また正確にいく行程など、
その年ごとの経験を踏まえ当蔵にあった製法で造っております。

お客様へお届けするまでのお酒の管理に一番気を使い、
お酒の処理方法も特定名称酒は瓶殺菌・瓶貯蔵とし
5℃以下での冷蔵庫保管にしております。

先に述べた「愉しい酒」「楽しい」とは違う、
飲んでいただく方への心から愉しんでいただきたい思いと、
蔵人の心から愉しむ酒造りへの想いを
会社理念として日々努力しております。

index3.gif ipaku.jpg  jundai-15.jpg
一白水成 純米吟醸1800ml
福禄寿 十五代彦兵衛 純米大吟醸1.800ml
福禄寿 十五代彦兵衛 純米大吟醸 720mL







秋田誉 秋田誉酒造(株)・由利本荘市
http://www.osake.or.jp/kuramoto/13akitahomare.html

秋田誉では「気候風土、蔵人一体の酒造り」をコンセプトに、
厳寒期に少人数で酒造りを行っています。

秋田県産米と天然水そして特定名称酒には秋田の酵母を使い、
奇をてらわない昔ながらの酒造りを心がけています。

創造することを大切に考え蔵人が育てた酒米
「亀の尾」の純米吟醸、良質の米粉で造る本格焼酎
「智水」なども好評です。.

酒造りの理念は「造りは創りに通ず」。
日本酒、本格焼酎を伝統、文化だけにとらわれることなく
「今の時代の飲み物」として提案しています。

仕込みに使用する水は硬軟水。
良質な醸造用水を求め探索したところ、
“秋田富士”鳥海山の伏流水と思われる湧き水を見つけ、
600mのパイプを引いて各工程に使用しています。

県の優良酵母である秋田流花酵母(AK-1)をはじめ、
多用な酵母を使い分け香味良好で喉越しの良い
飲みやすい酒を醸しています。

u18a.gifak4006.jpg

      
秋田誉 純米酒 秋田美人 1800mL
秋田誉酒造 智水(原酒100%)720ml
秋田誉酒造 純米吟醸 亀の尾仕込み 720ml
秋田誉酒造 大吟醸 十年秘蔵酒 720ml



雪の茅舎 (株)齋彌酒造店・由利本荘市
http://yukinobousha.jp/

齋彌酒造の酒造りで使用する主な原料米
「秋田酒こまち」は、蔵人たち自身の手によって
毎年地元で育てられた新米を使用します。

蔵人たちの真摯な酒造りに対するこだわりは、
繊細で気品高い日本酒を生み出し、
全国各地そして地元住民に多くの支持を集めてます。

地形の高低差を生かした蔵の構造、
新山の良質な湧水、酒造りに関しても
櫂(かい)入れしないなど、
あくまでも自然の力による酒造りを
実践していることが最大の特徴です。

20年以上前から酵母の自家培養にも取り組み、
長年にわたり選抜した酵母で独自の香味を生み出し
安定した酒質を醸しているのも特色のひとつです。

logo.gif yukinobosha-06-1.jpg

yukinobosha-03-2.jpg  yukinobosha-02-2.jpg
雪の茅舎 山廃本醸造 1800ml
雪の茅舎 山廃本醸造 720ml
雪の茅舎 山廃 純米吟醸 1800ml
雪の茅舎 山廃純米吟醸 720ml
雪の茅舎 大吟醸 720ml




出羽鶴 出羽鶴酒造(株)・大仙市
https://www.igeta.jp/about-dewatsuru/

出羽鶴蔵の酒造り
出羽鶴酒造は秋田県南部の山間に位置します。
四季のはっきりした気候で、
夏〜秋は温暖湿潤で原料となる酒米の栽培に適し、
冬は寒冷で雪が多く酒造りに適しているという条件が揃っています。

蔵を取り巻く山々は出羽丘陵と呼ばれ、
豊富で清冽な湧水の水源となっています。 

蔵周辺の土壌は肥沃で地元で栽培される作物は
米を筆頭に食味が良く農業地帯となっています。

出羽鶴では酒米栽培から杜氏・蔵人が関わり、
良質の原料米を育てるところから酒造りが始まっています。

地元の良質な土壌を活かし蔵人を中心に
地元農家と酒米栽培会を設立し、
栽培技術を磨きながら安定した良質な
原料米の栽培に努めています。

出羽鶴の仕込水は出羽丘陵の雪解け水を
水源とする天然の地下水です。
緑の豊富な山々から地下に浸み込み、
幾重の地層を透過して湧き出る水は清冽でやわらかく、
出羽鶴の特長であるなめらかでキメ細かい
酒質をかたちづくります。

出羽鶴蔵の酒造りは『和醸良酒』です。
これは代々受け継がれている言葉で、
米作り・酒造りの仕事に厳しく向かい合う中で
蔵人同士に生まれる結束を和とし、
飲む人に幸せを運ぶような美味しい酒を
造ることを意味しています。

hiraizumi_sub01.jpg matukura1.jpg AS_SD_omachi_720-45x150.jpg 
出羽鶴 生もと仕込 純米酒 1800ml
出羽鶴 自然米酒 「松倉」 720ml
出羽鶴 晴田 純米酒720ml



秋田の地酒 蔵元を訪ねて地酒の旨さを堪能しようFのDページへ

posted by 暇tarou at 20:26| Comment(0) | 秋田の地酒 蔵元を訪ねて
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: