2018年01月28日

秋田の地酒 飲んでみたい 福禄寿 大吟醸

akitashuzo_main.jpg

無題.png 無題.png
上酒蔵、18世紀末に建てられた土蔵造りの酒蔵。
構造は単純にして豪快、力強い印象で、
秋田の酒蔵の原型と評価されています

下酒蔵、19世紀初期に建てられた酒蔵。
規模や外壁のデザインは上酒蔵とほぼ同じですが
構造がわずかに異なります。

福禄寿酒造株式会社[福禄寿]

福禄寿酒造の敷地は500年続くことで有名な
朝市通りの南入口にあたり角地に建つため、
酒蔵のレンガ壁と銘柄が彫りこまれた看板は
町内の代表的な町並景観を形づくっています。

建物の方は平成8年に
上酒蔵・下酒蔵・事務室・住宅の4ヶ所が、
全国登録有形文化財として指定されました。

正面入口を入りますと右手に事務室その奥に住宅、
事務室を横切って正面に上酒蔵入口、
そこを通り下酒蔵へと続きます。

蔵を漂う芳香と独特のたたずまいの中に立てば、
どこからか昔の蔵人たちの立ち働くさざめきが
聞こえてくるような気がします。

福禄寿酒造が大切にしているのは“地域性”です。
原料米は地元の酒米研究会が大切に育てた酒米を使用。
仕込み水として使用するのは地下から湧き出る清冽な水。

初代彦兵衛が酒造りをはじめて以来、
この地下水で酒を醸し続けています。

その水質は、
酒造りには珍しいとされている硬水です。
カルシウムイオンやマグネシウムイオンなどを多量に含み、
無色透明で舌触り爽やか。

社長である渡辺康衛さんによると、
「日本酒の味は水によって変わってきます。
軟水は搾りたての生酒が合いますが、
硬水は熟成させた方が味の乗りが良い。
だから当社では生酒が少ないんです」。

原料となる米や水に合った温度管理や
貯蔵方法を試行錯誤しながら、
目標の味に近づけているのです。
 
 
社長の渡辺康衛さん思い
日々「愉しい酒」を目指し酒造りに精進しております。

ひとつひとつ丁寧に手造りで造ることを柱とし、
手造りでやらなければいけない行程、
機械に任せた方が効率よくまた正確にいく行程など、
その年ごとの経験を踏まえ当蔵にあった製法で造っております。

お客様へお届けするまでのお酒の管理に一番気を使い、
お酒の処理方法も特定名称酒は瓶殺菌・瓶貯蔵とし、
5℃以下での冷蔵庫保管にしております。

先に述べた「愉しい酒」と「楽しい」とは違う、
飲んでいただく方への心から愉しんでいただきたい思いと、
蔵人の心から愉しむ酒造りへの想いを
会社理念として日々努力しております。
 
 
秋田山内杜氏 一関 仁さんの思い
歴史ある蔵で伝統を守り酒質を保ってきた先代、
先輩達は試行錯誤の連続であったろうと思います。

私も現代の消費者にはどんな酒が良いのか常に考えています。
今私達が取り組んでいる事、それは原点に戻り
「米の旨味を十分に引き出した酒」を造ること。

そのため酒造りの基本である、1に麹、2にもと
3に造り
をしっかりと行ない十分に目の行き届いた
管理で酒造りを行なっています。

その一環として特定名称酒はすべて瓶燗貯蔵にて管理しています。
こだわりがぎっしりと詰まった
「福禄寿」の酒をぜひご賞味ください。














posted by 暇tarou at 23:41| Comment(0) | 福禄寿酒造・蔵元を訪ねて

2017年11月29日

秋田の地酒 福禄寿酒造 益々繁盛 4500ml



新規開店のお店に行くとたまに見かけるでっかい酒瓶。
それもそのはず4500mlのサイズです。

「益々繁盛(ますますはんじょう)」→「升升半升」
升とは一升(1800ml)のこと。

「升升」→「二升(3600ml)」
「半升」→「一升の半分・五合(900ml)」で4500mlです。
春夏冬二升五合(あきないますますはんじょう)というのもありますね。
開店祝いや上棟式、竣工式などのお祝い事に。喜ばれる贈り物です。

社名:福禄寿酒造
内容量:4500ml
精米歩合:68%
原料米:米・米こうじ・アルコール
アルコール度:15.0〜15.9

-仕込水-
御不動尊から湧き出る清冽な水が、
長い年月を経て大地に濾過され、
豊富な湧き水となって蔵の地下から湧き出しております。

初代彦兵衛氏がこの良質な水を求めてこの地で酒造りをはじめて以来、
仕込水として酒を醸しつづけております。

その水質は中硬水で、カルシウムイオン、
マグネシウムイオンが多量に含まれており、
その含有量は最良のイオンバランスといわれている2:1の比率を保っております。

美容や健康に気を使う方にはおすすめの水質であり、
無色透明、舌ざわりが爽やかであると、
毎年の水質分析結果でも証明されております。


お求めは ↓ よりどうぞ
福禄寿酒造(NEXT 5 蔵元) 益々繁盛 4500ml





福禄寿酒造ホームページ

「秋田の地酒、蔵元案内36蔵元」
  
   
posted by 暇tarou at 21:44| Comment(0) | 福禄寿酒造・蔵元を訪ねて

2017年10月18日

飲んでみたい秋田の地酒 福禄寿酒造 純米大吟醸 十五代彦兵衛

16864650_1860000834270625_3122255338207350766_n.jpg


福禄寿酒造 純米大吟醸酒 十五代彦兵衛 720ml

米の旨味が、素材の良さを感じさせ、それを100%引き出す為の努力として完全手作業造りにこだわりました。また、搾られたお酒はすぐさま瓶詰され、瓶燗方式という手間のかかる方式で殺菌処理を行い、大吟醸特有のいい香りを瓶の中に蓄えました。まろやかな甘さがあり、バランスの取れた旨口のお酒は、その風味をこわすことなく、品質の良い状態で貯蔵しています。杜氏入魂の逸品です。

原料米:山田錦・秋田酒こまち
酵母:自社酵母
原材料:米(国産)・米麹(国産米)
精米歩合:40%
アルコール度:16.0度

福禄寿酒造株式会社[福禄寿]
杜氏  秋田山内杜氏 一関 仁氏さん
25歳で福禄寿の蔵人となり、酒造り歴19年・杜氏歴11年。
そんな一関さんに、福禄寿の酒造りについて伺いました。

「福禄寿では蔵人の半分が地元出身。
地域性を大切に、地元の米と水を使って、素材の旨みを引き出した
“福禄寿らしい酒”を提供できるよう日々努力しております。

寒造りにこだわり、冬期は毎日が仕込みとなるため、
作業を効率化し蔵人の精神的な負担を減らしながら
チームワークを大切に酒造りを行っています。

近年、県外向けに販売している『一白水成』は、
多くのファンの皆様に飲んでいただけるようになりました。
それだけではなく、地元の皆様に愛され続けている普通酒も、
よりおいしい状態でご提供できるよう日々努力しております。

福禄寿の酒を飲んだお客様に、
もう一度同じ酒を買って欲しい。
もう一度飲んでみたいと思わせるような酒造りを、
これからも続けていきたいと考えています」。



福禄寿酒造(NEXT 5 蔵元) 純米大吟醸酒 十五代彦兵衛 720ml
posted by 暇tarou at 22:56| Comment(0) | 福禄寿酒造・蔵元を訪ねて

2017年09月30日

飲んでみたい秋田の地酒 福禄寿酒造 純米酒 十五代彦兵衛

16864650_1860000834270625_3122255338207350766_n.jpg


福禄寿酒造 純米酒 十五代彦兵衛

創業1688年、三百年以上続く伝統の酒蔵。
創業者彦兵衛の名前をつけられた、福禄寿の自慢の酒。

福禄寿酒造株式会社[福禄寿]
元禄元年(1688)渡邊家の初代彦兵衛氏が
“羽後の国、五十目村(五城目町)で酒造りを開始し、
昭和28年、株式会社渡邊彦兵衛商店設立。

平成16年10月より社名を福禄寿酒造株式会社へと変更。
「福禄寿」は七福神のひとつで、
おめでたいもののしるしとされています。

一家の繁栄と健康長寿、
商売繁盛を願ってその名がつけられました。
創業から300有余年にのぼる歴史は、
秋田の酒造史としても大変貴重な存在となっています。



お求めは ↓ より、
福禄寿酒造(NEXT 5 蔵元) 純米酒 十五代彦兵衛 720ml


飲んでみたい秋田の地酒の蔵元を訪ねてみましょう
「秋田の地酒 蔵元を訪ねて」




posted by 暇tarou at 20:53| Comment(0) | 福禄寿酒造・蔵元を訪ねて


秋田の地酒ブランド   ​​​








sake2107.jpg   爛漫 超特撰大吟醸原酒 朱 1.8L【楽ギフ_包装】

リンク集