2018年04月12日

秋田誉酒造 純米酒 秋田美人 720mL

16864650_1860000834270625_3122255338207350766_n.jpg

u18l.gif


秋田県子吉川の左岸、本荘港の近くに所在する当蔵は
戦時中郡内十数社の企業合同によって成立する。

合同各蔵の創業は江戸末期から明治初期である。
昭和三十年代以降販路の拡大に努め、
特に北海道では石炭景気にささえられ、広く愛飲された。

現在も北海道市場を主力に県外に幅広く販路を持っています。
蔵の所在由利本荘市は人口約90000人、
温暖な山と川と海のある城下町の米どころです。

またハイテク関連産業の集積地であり民謡本荘追分の全国大会や
日本海沿岸最大規模のヨットマリーナでのビッグレースでも知られています。

杜氏 佐々木時雄さんによると
県の優良酵母である秋田流花酵母(AK−1)の使用で、
平成二年より全国新酒鑑評会に入賞できるようになり、
大変ありがたいと思う。

新酵母AK−1、AK−2F、AK−3F等
またこれから開発されるそれぞれの酵母を現場でうまく使い、
「香味良好で喉ごしの良い呑み易い酒を醸し出す事ができれば良いな」と思う。

良質な醸造用水を求め探索したところ、
秋田富士鳥海山の伏流水と思われる湧水をみつけ、
600mのパイプを引き各工程に使用しております。
水質は硬軟水で最近水源地を大幅に整備しよりよい
環境保全に努めておりますとのことです。


「秋田美人」とは

秋田の女性の美しさは、
昔から「秋田音頭」「ドンパン節」など数多くの
民謡でも歌われてきました。

いわゆる秋田美人とは、色白で背が高く、瓜実型と丸型の中間でやや面長、
目は細く切れ長、口は小さく、鼻筋が通っている。

肌はきめ細かく、その色は白色人種にも劣らない、などとされています。
肌の美しさは科学的にも実証があり、
秋田県湯沢市の杉本元祐医学博士の調査によると、
皮膚色の白度が全国平均22.6%(白人は40.5%)に対し、
秋田県平均では29.6%、さらに県南部では30.5%であったそうです。

また、
都道府県別の年間日照時間は秋田県が全国で最下位というデータもあり、
紫外線の量があきらかに少ないとみられます。

さらに、
湿度の変化も少ないことから、
秋田の女性は色白できめ細かい肌であることを立証できるといえます。


なぜ秋田に美人が多いのか

秋田大学名誉教授の新野直吉文学博士は、
著書「秋田美人の謎」で“奈良時代には渤海国
(満洲から朝鮮半島北部、現ロシアの沿海地方にかけて、かつて存在した国家)
の使者が能代に上陸したことが「続日本紀」に記されている。

当時渡って来た大陸人はモンゴル人、
ツングース系統の人種だったが、
世界でも美人種といわれるコーカサス人もいた。

秋田美人は日本海を夢のかけ橋として結ばれた
世界一の美人種との混血で生まれたのです”と記しています。

また秋田美人は
『地理的環境による形質的素因、風土の持つ気象的条件、
それらに加えるに歴史的刺激などの恩恵を享けて、
形成されてきたもの』としています。.

前述した杉本医学博士は岩手県の出身で、
秋田県湯沢市で開業した医師でしたが、
秋田で暮らす女性の皮膚の白さに興味を持ち、
科学的に分析した調査結果をまとめた「秋田美人を科学する」の中で、
『秋田の美形については、郷土史家も、その他の学者諸氏も、
私も、やはり混血(日本海側へ漂流し漁場を追い求めた北方民族、
またツングース族、アイヌ、そして先住民族、
こうした民族の結びつき)が生んだ奇跡的美の産物であろうとも
推察する』と結んでいます。.

このように自然環境説や混血説のほか、
麹を使用した食習慣との関連説、
17世紀の藩政時代の水戸や京都からの美人移住説など
諸説あるのですが、はっきりと解明されておらず、
現在も謎に包まれたままなのです










MAX-A
posted by 暇tarou at 21:11| Comment(0) | 秋田誉酒造・亀の尾仕込

2018年01月15日

秋田誉酒造 純米酒 秋田美人1800ml

秋田誉 杜氏 佐々木時雄
昭和24年7月5日生まれ。
昭和43年本荘高等学校卒業後同4月に
秋田誉酒造(株)亀田工場に入社し、
昭和46、7年国税庁滝野川醸造試験所で醸造技術を学び、
昭和61年杜氏になり現在に至ります。

全国新酒鑑評会では平成2年、4年、5年、14年、18年に金賞、
同3年に銀賞受賞。東北では昭和62年より
本醸造、純米、吟醸の部で度々優等賞を受賞。

平成4年に純米酒の部で県知事賞を受賞しました。
2001年、2002年、2003年には全米日本酒歓評会にて、
純米大吟醸、特別純米酒でGOLDEN AWARD OF EXCELLENCE
(金賞)受賞しました。

秋田誉酒造の水は、良質な醸造用水を求め探索したところ、
秋田富士鳥海山の伏流水と思われる湧水をみつけ、
600mのパイプを引き各工程に使用しております。

水質は硬軟水で最近水源地を大幅に
整備しよりよい環境保全に努めております。



























「亀の尾」由利本荘市産の幻の酒米

1893年(明治36年)に山形県の現在、
庄内町の阿部亀治が冷害に耐えて
立っている3本の穂を偶然発見し、
これを種子にし苦労の末育て上げたといわれています。

1925年(大正14年)には東北地方の代表的品種となり
、一時代を築きますが、害虫、化学肥料に弱く、
多収性の米に座を奪われ消えていきました。

その後1983年(昭和58年)に新潟県の久須美酒造が復活させ、
TVドラマ「夏子の酒」のモデルとなりました。

秋田誉でも亀の尾の種子を手に入れ、
蔵人が作付けを行い醸造。
贈答品、また幻の酒米の酒を気軽に飲んでもらうために
カップ酒としても販売しております


posted by 暇tarou at 22:53| Comment(0) | 秋田誉酒造・亀の尾仕込

2017年10月01日

秋田誉 純米吟醸 亀の尾仕込み


秋田誉酒造 純米吟醸 亀の尾仕込み

秋田酒こまちは秋田県で15年の歳月を経て開発された酒米です。
秋田の酒造りの特徴である長期低温発酵を生かし
上品な旨さと軽快な後味に仕上げました。
幻の酒米といわれる「亀の尾」を蔵人が栽培し醸造。
原料米100%使用のやや辛口、
独特の際だつ味わいが魅力です。
酒の国秋田が育てた酒米の爽やかな
酔い心地をお楽しみください。

秋田誉酒造株式会社[秋田誉] http://www.osake.or.jp/kuramoto/13akitahomare-guide.html
山と川と海のある城下町で、米どころでもある由利本荘市。
子吉川の左岸、本荘港の近くに建つ秋田誉酒造株式会社は、
昭和19年の企業整備令で十数社の企業合同によって
発足しました。
合同蔵各々の歴史は古く、江戸末期、
明治初期がほとんどです。「秋田誉」の名称は、
銘醸の地・秋田の誉れとなるようなブランドに育てたい
との願いが込められています。
酒質の基本は辛口を基調としており、
秋田のメーカーとして早期に純米酒や吟醸酒の
販売を開始した企業でもあります。

秋田誉では「気候風土、蔵人一体の酒造り」を
コンセプトに、厳寒期に少人数で酒造りを行っています。
秋田県産米と天然水、
そして特定名称酒には秋田の酵母を使い、
奇をてらわない昔ながらの酒造りを心がけています。
創造することを大切に考え、
蔵人が育てた酒米「亀の尾」の純米吟醸、
良質の米粉で造る本格焼酎「智水」なども好評です。

酒造りの理念は「造りは創りに通ず」。
日本酒、本格焼酎を伝統文化だけにとらわれることなく
「今の時代の飲み物」として提案しています。
仕込みに使用する水は硬軟水です。
良質な醸造用水を求め探索したところ、
“秋田富士”鳥海山の伏流水と思われる湧き水を見つけ、
600mのパイプを引いて各工程に使用しています。
県の優良酵母である秋田流花酵母(AK-1)をはじめ、
さまざまな酵母を使い分け、
香味良好で喉越しの良い飲みやすい酒を醸しています。



お求めは ↓ より、または上記の画像をクリックしてください。
秋田誉酒造 純米吟醸 亀の尾仕込み 720ml












posted by 暇tarou at 15:49| Comment(0) | 秋田誉酒造・亀の尾仕込