2018年01月15日

栗林酒造店 春霞 純米酒 720ml

栗林酒造店は、明治7年秋田県六郷村(現美郷町)にて、
栗林家5代目・栗林直治によって創業されました。

かつての六郷は佐竹公の隠居の地で商業の中心地でした。
仙北平野の良質の米と、豊富な地下水に恵まれて
酒蔵が20以上あったとされる地域です。

春霞の銘柄はいつごろから使われたのか定かでありませんが、
謡曲「羽衣」の一節、「春霞たなびきにけり 
久方の月の桂の花や咲く〜」から取ったといわれています。
また「霞」が古くは酒の異名であったことにも関係があるとされます。




















posted by 暇tarou at 21:31| Comment(0) | 栗林酒造店・春霞大吟醸

2017年10月01日

栗林酒造店 春霞 純米大吟醸


春霞 純米大吟醸

名水百選の郷、秋田六郷で、
厳寒の中醸造した寿米大吟醸酒。
気候風土の恵みを、冷やしてご賞味ください。


合名会社栗林酒造店[春霞] 
http://www.osake.or.jp/kuramoto/19kuribayashi.html
古来より「百清水」といわれた豊かな清水の里
秋田・六郷の地で、明治七年に創業した栗林酒造店。

「春霞」の名で知られ、その名は、謡曲「羽衣」の一節、
「春霞たなびきにけり久方の…」に由来すると
いわれています。平成16年からは
「美郷酒米研究会」を立ち上げ、
「美郷錦」「美山錦」の契約栽培に力を入れ、
契約農家が栽培する地元産の酒米を多く取り入れています。

「一本蔵」と呼ばれる仕込み蔵は昭和初期に建てられ、
トンネルように続きその全長は100メートルに及びます。
入口から、酒米を蒸すエリア、麹室、仕込み場、貯蔵庫と
続き、その配置は酒造りに適していると考えられています。

六郷は名水百選に指定された水の町と言われ
地下30メートルから汲み上げた仕込み水は、
じっくりと発酵させる性質を持ち合わせ、
この酒造りに恵まれた環境で「春霞」は
醸し出されています。

百三十余年にわたり酒造りを行っている栗林酒造は、
酒造りに携わる蔵人全員が地元、美郷町の出身。
ほぼ全量を九号系酵母で醸し、
「やわらかく素直な味わいと香り、
透明感のある酒」を目指し、料理と一緒に飲んで、
その料理を引き立てる「食中酒」を
醸したいと考えています。

栗林専務をはじめとした蔵人全員が
集中し細部まで気を配る仕込み風景が印象的です。

春霞では、一仕込、一仕込、
丁寧な酒造りを心がけています。
近年1000kg程度の小仕込が増えました。

麹は箱麹、しぼった後はビン詰貯蔵、
と手間はかかりますが、やさしい味わいのある、
食中向けのお酒を目指し、大切に造っています。
秋田県では珍しく、蔵人は全員が地元、
美郷町民。夏は米作りに携わっています。



お求めは ↓ より、または上記の画像をクリックしてください。
栗林酒造店(NEXT 5 蔵元) 春霞 純米大吟醸 720ml
posted by 暇tarou at 22:04| Comment(0) | 栗林酒造店・春霞大吟醸