2017年10月05日

飲んでみたい秋田の地酒 木村酒造 福小町 純米辛口

bg_main_sec_02.jpg

秋田の地酒 木村酒造 福小町の蔵元

木村酒造の創業は元和元年(1615年)。
いまでは多くの酒蔵を有する秋田県にも、
当時は数えるほどしかなかったと言われています。

豊臣家の重臣であった木村重成の一族が、
ここでしか得られない土地の恵みを活かしてはじめた酒造り。

以来、天下泰平の江戸時代には稲作の安定とともに、
藩政時代には院内銀山の活況とともに歩み、
明治38年の奥羽本線開通後は県外出荷も開始。

そして、創業から400年。
いつの時代も地域や社会の変化に寄り添いながら、
ここでしかできない酒造りをして来たとのことでした。

創業以来、木村酒造に脈々と受け継がれてきた伝承の技は、
杜氏や蔵人が何度となく銘醸地に赴き、研鑽を積み、
長い歳月をかけて築きあげられたものです。

その歴史と伝統は、いまも古い酒蔵の隅々に息づき、
ほかでは生みだせない木村酒造ならではの深い
味わいを生みだしています。
国内外に数々の受賞実績をもたらしてくれているのです

令和元年 全国新酒鑑評会 7年連続金賞受賞!!
令和元年5月17日(金)に酒類総合研究所のHPで
全国新酒鑑評会の審査結果の発表がございました。

木村酒造は「大吟醸福小町(山田錦)」を出品して
「金賞」を7年連続で受賞となりました。

蔵人は今年の酒造り通信簿も「5」
をもらえた事を素直に喜んでいます。

いい酒とは何か。
昔ながらの日本酒らしい味か、
これまでにない新しい感覚か。

親しみやすい飲み口か、特別で贅沢な香りか。
答えは、人それぞれですね。

大切なのは、一人でも多くの声にふれること。
その出会いが、福小町の味わいにさらなる
深みと幅を与えてくれるはずです。

酒造り400年の伝統を大切に受け継ぎながら、
さらに新しい人へ、新しい時代へ。
究極の旨さを探求し続け常に新しい可能性を探り、
最高の日本酒を提供したい」
この想いとともに福小町の進化は続きます。

飲む人の心まで動かす日本酒をつくりたい。
だから福小町は、人による手造りにこだわります。

どの工程も決して機械任せにせず、
人の手で、人の目で思い描いた味と香りに育てあげていく。

だからこそ一人ひとりの腕と
心の持ちようが厳しく問われます。
各工程のプロが個々の力を発揮し、
同時に工程間で声をかけあいながら、
全体を高めあっていく。

その和が美しく調和したとき、
はじめて理想と呼べる日本酒が
生まれるのですとのことです。

小野小町 生誕の地に明治14年、
明治天皇が御巡幸で秋田県雄勝郡湯澤町(現湯沢市)を訪れた際、
その侍従長が木村酒造を宿に充てられました。

当時「男山」と銘打っていた酒を供したところ、
甘くてやさしい香味が賞賛され、
男山というよりも女性的な印象であったことから「
福娘」という銘を賜ります。

後に小野小町生誕の地として知られる湯沢にちなんで
「娘」を「小町」にして現在に至る
「福小町」の酒名が誕生しました。

「飲んでみたい秋田の地酒」という人には
これだとお薦めしたいお酒のNo1でしよう。



福小町 純米辛口、軽やかな果実香と旨味がしっかりと
まとまった超辛口の純米酒。冷やでキリッと、
燗にしてもスッと身体にしみわたる。

四季を通じて、軽快な飲み口を愉しめます。
余計な甘みを感じさせず、
合わせる料理を選ばない。

何度口に運んでも、
そのたびに鮮烈な印象を残していきます。
おすすめの飲用温度
花冷え(約10℃)〜上燗(約45℃)


株式会社木村酒造[福小町]杜氏 高橋 廣
杜氏である高橋氏に、酒造りでのこだわりを伺いました。

高橋 廣氏が40年以上酒造りにかかわりわかったことは
酒に無理をさせるとおいしいお酒にならない
ということ言う。

できるかぎり自然に任せ、
微生物たちの力に任せて醸すことで、
おいしいお酒ができます。

今は醸造技術が発達して、
良いお酒を造りやすくなりました。
コンピューターで数値化したデータを
比較検討することも容易になった。

高橋 廣氏は木村酒造がこだわってきた
「寒造り」とは「勘造り」でもあると思っている
とのこと

目と鼻と長年の経験、
そして代々受け継がれてきた知識が
一瞬の判断を下すことに繋がる。
データ解析ももちろん必要なことですが、
酒造りをしていると、その一瞬の判断が迫られる
場面があるんですと。

この蔵は、長い歴史の中で何度も閉鎖の危機に直面し、
その度に乗り越えて復活してきて
IWC2012での最高賞を受賞したのも、
神様が見守ってくれているからだと」。

昔から神事に日本酒は欠かせないものだからこそ、
魂を込めて造り、飲む人の心を癒やす酒でありたい。
そんな思いを教えてくださいました。




お求めは ↓ より、または上記の画像をクリックしてください。
木村酒造 福小町 純米辛口 1800ml箱代込

飲んでみたい秋田の地酒 木村酒造「福小町 純米吟醸酒」

kimura_main.jpg

木村酒造 「福小町」

株式会社木村酒造[福小町]
創業は元和元年(1615年)。
県内でも2番めに古い歴史を持つ酒蔵です。
1615年は、大坂夏の陣で木村重成が討ち死にをし、
豊臣家が滅亡したころ。

その木村重成の子孫の1人が、秋田まで逃げ延びて、
現在の湯沢市で創業したのが始まりと云われています。

秋田県湯沢市は豪雪地帯として知られており、
冬期は寒冷な地域で、清冽な水に恵まれています。

また、院内銀山が栄えたことで、
多くのお酒が消費されるようになり、
木村酒造もそれとともに栄えました。

古くは「男山」という酒名のお酒を造っていましたが、
明治14年に明治天皇が秋田にいらっしゃった際、
木村酒造に宿泊した従事の方に「男山というよりも、
女性的なお酒ですね」と「福娘」という酒名を賜りました。

昭和になるまでは、
男山と福娘という銘柄のお酒を出荷していましたが、
商標が他社と重なるという問題に直面。

小野小町の生誕の地と云われている
湯沢の酒蔵であることから、
現在の代表銘柄である「福小町」が誕生しました。

2012年には、世界最大のワインコンクール
「インターナショナル・ワイン・チャレンジ2012」で、
「大吟醸・福小町」がSAKE(日本酒)部門の最高賞
「チャンピオン・サケ」を受賞。
689銘柄の頂点に輝きました。

創業以来、脈々と受け継がれてきた伝承の技は、
杜氏や蔵人が何度となく銘醸地に赴き、
研鑽を積んで築き上げてきたもの。

蔵の中にはオートメーションの設備などはなく、
すべて蔵人たちの手によって造られています。
毎年、米の出来や気温、雪の量などが変わるため、
毎年同じ味のお酒を作るのは至難の業。

そのため、醪の最高温度を低く抑え、
発行日数を長くかける“寒造り”にこだわっています。
できるかぎり自然に任せた酒造りを行う。

そのために最適な環境を造ることに徹している。
それが、木村酒造の酒造りのこだわりです。




秋田の人気の地酒「福小町 純米吟醸酒」1.8ℓ

旨味と酸味が絶妙に調和です。
毎日飲んでも飽きのこない、
親しみやすい味わいです。
飲み口は軽く、しかし香りは高く、うまみは深く。

ふくらみを持たせながらも、
余計なクセは一切感じさせない。
どんな料理にも合わせやすく、
日々の定番として長く付き合いたい酒です。

おすすめの飲用温度
花冷え(約10℃)〜ぬる燗(約40℃)

詳細は ↓ より、
【秋田の人気の地酒】「福小町 純米吟醸酒」 1.8l