2018年01月15日

秋田の地酒 日の丸醸造 純米大吟醸 まんさくの花

16864650_1860000834270625_3122255338207350766_n.jpg

hinomaru_main.png

kuramoto8.jpg

日の丸醸造株式会社
増田町は、別名「蔵の町」と呼ばれています。
増田町には建つ家々は皆、建物内に豪華絢爛な蔵を
構えていることから名付けられました。

日の丸醸造は酒蔵なので蔵内に蔵が建つという
不思議な光景を見学していただけます。

蔵名の「日の丸」は秋田藩主佐竹公の紋処が
「五本骨の扇に日の丸」だったことに由来し、
明治40年商標登録済の日本で唯一無二の酒銘です。

内蔵の建設当時は東北屈指の生産量を誇ったものの、
大戦時の企業整備令により廃業を余儀なくされてしまいます。

戦後まもなく復興し規模は縮小しましたが、
その歴史はギリギリのところで継承することができました。

昭和56年には、NHKの朝の連続TV小説「
まんさくの花」が秋田県横手市で放映されたのを機に、
新たな銘柄である「まんさくの花」が誕生。

それまで主力商品だった
「日の丸」の重みのある酒質とは異なり、
「きれいで優しい酒質」を目指した当ブランドは、
現在でもなお珍しい、ひらがなの墨文字をラベルに採用。
先駆的で極めて斬新なラベルは現在では
日の丸醸造の代表銘柄として定着しています。

まんさくの花は「挑戦」のお酒として、
変わらぬおいしさを求める傍ら、
多種多様な酒米や酵母の酒造りに挑戦し続けてきました。

まんさくの花は日本酒の愉しさを追究するブランドとして、
これからも様々な商品にチャレンジしていくそうです。


江戸時代から始まり流通の中心としてかつて県内随一の
繁栄を極めた秋田県「増田町」。

町の発展が最盛期を迎えた明治から大正にかけて建築された、
各家の内部に立ち並ぶ豪華絢爛な「内蔵」は、
増田町に住む商家の栄華の象徴でした。

町には四件の酒蔵が建ち、
町は光が消えないことから別名「蛍町」と呼ばれ、
夜まで酒を飲んで歌う人々で、活気にあふれかえっていたのです。

時は昭和に移り奥羽本線の全通、
吉野鉱山の閉鎖など徐々に時代の潮流から外れていった増田町。

そして勃発した第二次世界大戦により、
輸出は止まり人材は流出して当時の栄華はすっかり影を潜め、
閑散とした田舎町となってしまいました。

時は現在、増田町には新たな歴史が刻まれようとしています。
平成13年より内蔵の公開が始まり、
住人が自ら生活する傍ら自宅内の内蔵を公開しています。

平成25年には国の重要伝統的建造物保存地区に選定され、
全国から観光客が訪れるようになりました。

町の人が代々守りぬいてきた内蔵によって、
今この町は再び活気を取り戻そうとしています。



日の丸醸造 まんさくの花

NHKの朝の連続ドラマ「まんさくの花」が横手市を舞台に
放映されたのを機会に誕生した日の丸醸造の代表銘柄です。

当時主力商品だった「日の丸」のやや重みのある酒質とは違う、
『きれいで優しい酒質』への挑戦を志して誕生した当ブランドは、
現在でもなお珍しい、ひらがなの墨文字をラベルに採用しました。

炭文字自体が珍しかった時代としては、
非常に挑戦的なラベルとのこと。

まんさくの花は挑戦のお酒として、
通年発売品は変わらぬおいしさを求める傍ら、
多種多様な酒米や酵母のお酒造りに挑戦し続けてきました。

それが呑み手のお客様にとってのお酒のたのしみを
提供することにつながり、造り手の我々にとっても、
たのしくお酒造りをすることにつながると考えたからです。

まんさくの花は、日本酒の愉しさを追及するブランドとして
ご愛飲してください。、




ふくよかな芳香と優しいすっきりとした味わいの
心和む純米大吟醸です。まんさくの定番、
お勧めの酒です。

原材料 米・米麹   精米歩合 45%
日本酒度 +2.0    アルコール度 15.0 原料米 山田錦





















2017年10月06日

美酒秋田の地酒 日の丸醸造 純米吟醸 まんさくの花


日の丸醸造 純米吟醸 まんさくの花 1.8L

厳寒期に時間をかけ丁寧に醸し、
さらに長期に瓶貯蔵で低温熟成させた、
ほのかな香りと米の旨みがひろがる、
やさしい味わいが特徴です。
常温、冷や、ぬる燗が最適です。


日の丸醸造株式会社 [まんさくの花]
創業は元禄2年(1689年)。蔵の名前は、
秋田藩主・佐竹公の紋処が「五本骨の扇に日の丸」
だったことにちなんで付けられたと伝えられています。

大正時代には、年間醸造量が5000石に達し、
日英大博覧会において一等金牌を受賞。
それにより、東北を代表する酒蔵として栄えました。
しかし、戦時下の企業整備令によって、
昭和18年に廃業に追い込まれてしまいます。

昭和23年、基本製造石高300石の許可を得ることとなり、
約300年の伝統を復活させ、今に至っています。

横手市増田町は、古くから良質な酒造好適米の産地として
知られています。
日の丸醸造では、地元の農家と契約し、
自家精米にこだわっています。

秋田流寒仕込みでの長期発酵によってお酒を醸し、
できたお酒は槽絞りを行っています。
さらに、その絞りたてのお酒の大半はタンクでの
貯蔵ではなく、一本一本瓶に詰めて貯蔵。

入念に熟成させるというこだわりを持っています。
現在、吟醸酒以上のお酒は全て瓶による貯蔵を行っており、
とても手間やコストがかかる貯蔵方法ですが、
お酒にとって最良の熟成方法であるとの考えから、
実行しているのです。


お求めは ↓ より、または上記の画像をクリックしてください。
日の丸醸造 純米吟醸 まんさくの花 1.8L

酒の国秋田の地酒 日の丸醸造 まんさくの花 純米酒 


日の丸醸造 まんさくの花 純米酒 1800ml

秋田県内産 酒造好適米「美山錦」を使用。
穏やかな香りの中に米の旨味を
充分に感じて頂けるお酒です。


日の丸醸造株式会社 [まんさくの花]
昭和56年にNHKの朝の連続ドラマ
「まんさくの花」が横手市を舞台に放映されたのを
機会に誕生した、現在は、日の丸醸造の代表銘柄です。

以前は主力商品だった
「日の丸」のやや重みのある酒質とは違う、
『きれいで優しい酒質』への挑戦を志して誕生した
「まんさくの花」ブランドは、現在でもなお珍しい、
ひらがなの墨文字をラベルに採用しております。
墨文字自体が珍しかった時代としては、
非常に挑戦的なラベルですとのことです。

「まんさくの花」は挑戦のお酒として、
通年は変わらぬおいしさを求める傍ら、
多種多様な酒米や酵母のお酒造りに
挑戦し続けているとのこと。

それが呑み手のお客様にとってのお酒のたのしみを
提供することにつながり、造り手の杜氏にとっても、
たのしくお酒造りをすることにつながると
考えたからと言うのです。

「まんさくの花」は、日本酒の愉しさを
追及するブランドとして、変わらぬおいしさと、
新たな味への挑戦をこれからも続けていきますので
永いお付き合いになる事をお願いしますとのことです。



お求めは ↓ より、または上記の画像をクリックしてください。
(秋田)まんさくの花 純米酒 1800ml