2017年10月10日

秋田県醗酵の地酒 純米大吟醸 一滴千両

16864650_1860000834270625_3122255338207350766_n.jpg

hakko_main.jpg


一滴千両 純米大吟醸 720mL

「一滴千両」は
「この酒は一滴にして千両の値打ちがある」という
意味をこめて命名されました。
千両は"千両役者"など格式が高く値打ちがあると云う、
意味で、秀れている事に使用されており、
「一滴即黄金如」などと讃しました。
秋田ならではのお酒です。

秋田県醗酵工業の「清酒の造りには、
大吟醸など特定名称酒を昔ながらの手造りで行っている
『昭和蔵』と大量生産が可能で近代的設備が整った
『平成蔵』の2つの蔵があります。

酒造りの3要素である米と水、伝統と技術、自然環境の
すべてが揃った蔵で精魂込めて造りあげられた酒は、
まさに一滴一滴が千両に値する逸品です。


全国新酒鑑評会で「一滴千両」が金賞を受賞
平成30年度、全国新酒鑑評会は、
清酒の製造技術および品質の向上を目的とした、
全国規模で開催される唯一の鑑評会です。

1911年の初開催以来100回を超える伝統を有します。
平成30酒造年度は全国から857点が出品され、
入賞が416点、そのうち237点が金賞に選ばれました。

金賞は入賞酒の中でも特に優秀と認められたものに
与えられる名誉ある賞です。

秋田県醗酵工業株式会社[一滴千両]
一滴千両という日本酒を造る秋田県醗酵工業株式会社は、
一般的な地方蔵とは異なり、
近代的な起業の形態を持つ日本酒メーカーです。
創業の経緯も通常の酒蔵とは異なります。

湯沢市には爛漫に代表される普通酒を
沢山造る酒蔵がいくつもあります。
レギュラー酒を生産する際に原料の一部分となる
醸造アルコールは関西の大手の酒蔵から仕入れていました。

その醸造アルコールを、競争相手である
関西の酒蔵から購入するのではなく、
自分たちで造ってしまおう。

そう考えた秋田県の複数の酒蔵や財界人が出資、
昭和28年に爛漫の敷地内に起業します。

起業当初は、醸造アルコールの製造を
行っていましたが、後に湯沢銘醸という酒蔵を吸収。

湯沢銘醸が所有していた「一滴千両」という
商標で日本酒造りを開始。
蔵の敷地も爛漫から離れ、
今の場所に落ち着きます。

ただし醸造アルコールを地元の秋田の
酒蔵に販売していた手前、
秋田県醗酵工業株式会社にとって
主要取引先は秋田の酒蔵ですので。

その取引先の機嫌を損ねないよう、
一滴千両という日本酒は秋田県下では販売せずに、
首都圏など県外で販売される事になってます。



お求めは↓より、
一滴千両 純米大吟醸 720mL

posted by 暇tarou at 15:21| Comment(0) | 秋田県発酵工業・一滴千両