2018年01月27日

那波商店 銀鱗 純米酒 こまち美人 720ml

16864650_1860000834270625_3122255338207350766_n.jpg

那波商店[銀鱗]

当社は文化4年当時秋田藩御用達商人であった
那波三郎右衛門裕生が、藩主佐竹義和候の命により、
藩の軽輩、小禄者の内職の道を開くために、
桑樹が自然山林に生殖していることに
着目して蚕糸織絹の業を試み、
また藩命によって酒造方御試所を設けたことに始まります。

裕生は絹方の支配人となり機業場を建築し
父子三代に亘って盛衰を繰り返し、
私費を投じて織立法を工夫し
今日の秋田織を創出しました。

さらに明治四年に酒造方御試所の経験に基づき、
文政1三以来居を構えた大町川畔に本店及び直売所を設け、
土崎の地に酒造業を起こし引き続き醤油味噌の醸造を始めました。

大正五年に呉服太物業を始めることになり
本店隣に呉服店舗を新築すると主に、
既存の酒、醤油味噌醸造業等の販売もあわせて承継し、
法人経営として資本金10万円をもって
株式会社那波商店を設立いたしました。

当時としては世人に先駆けての法人経営に
切り替えたことは画期的なことでした。

また升屋という商号ですが、
武家の出であった初代裕恵が
播州赤穂郡那波浦で商業に従業し、
二代友悦(1582〜1640)が京都に進出し、
三代久誠が屋号を升屋としたことが始まりです。

また升屋は播州の郡名でもありました。
つまり当社の創業は400数年前に翻ると申しても
失当ではないかもしれません。

那波商店最大の遺産は、
花岡正庸設計によって昭和三年に完成した
コンクリート造りの蔵です。

最新の精米機を備え、
洗った大桶を屋上に吊り上げて乾燥させる
ウィンチを取り付けました。

当時は土蔵と水車の精米と人力に頼っていたのが
大半の酒蔵でしたので、
羨望の的となり県内外から多くの
見物客を集めたものでした。

今なき「花岡先生の部屋」で休む暇もなく
指導された秋田流酒造法は
後世まで連綿と伝えられるでしょう。



















posted by 暇tarou at 21:45| Comment(0) | 那波醸造・こまち美人

2018年01月21日

那波商店 銀鱗 純米酒 こまち美人 720m

16864650_1860000834270625_3122255338207350766_n.jpg

秋田の地酒 銀鱗へのこだわり

銀鱗蔵は地酒にこだわっています。
酒ができるまで、いわばどのようにして出来た
原料をどのような技術で醸してお酒ができるという、
一連の物語を当社は熟知しております。

それをお客様に知っていただきたいと言う
こだわりから『地酒物語銀鱗』になりました。

秋田のこだわりの銀鱗
酒米の出来をお天道様に任せ、
温度管理を秋田特有の寒冷地帯に任せ、
自然の恵みと先人の技術で醸した酒を
銀鱗蔵は提供しております。

ストレスを感じることが
当たり前になってきたこの時代に、
ほっと幸せを感じさせてくれる酒を
提供するべく日々精進してまいります。

寒造りの酒の銀鱗蔵が建つ秋田市土崎港は、
東北に位置し春夏秋冬の特徴が明確に感じられます。

秋田の冬は東北有数の豪雪地帯で、
酒造りに必要な『長期低温発酵』を
天候に任せて行えます。

その結果、酒質は決めの細かい繊細な味わいに
仕上がっております。





中国の思想家でその思想書「列子」に
呑舟之魚不泳技流「呑舟の魚は支流に泳がず」という言葉があります。

呑舟の魚とは舟をひと呑みにしてしまうような大きな魚。
大物は小さなことにはこだわらず、
大きな夢、大きな目標を持ち、
それに向かい本流を探し堂々と水流を泳いでいくということです。
那波銀鱗蔵は、雄物川河口港、土崎港にあります
その昔は「北前船」で栄えた港です。





1496309352a0cexfvfrd.jpg


銀鱗蔵のお酒のショッピングサイト
https://craviton.com/breweries/view/631

posted by 暇tarou at 22:17| Comment(0) | 那波醸造・こまち美人

2017年10月10日

秋田の地酒 銀鱗 純米酒 こまち美人


銀鱗 純米酒 こまち美人 720ml

高品質の秋田の飯米「あきたこまち」を
厳選し高精白でしかも手造りです。
しっかりとしたのどごしの良さが受けています。

醸造元:(株)那波商店
原材料:米・米麹
精米歩合:65%
アルコール度:15.0〜16.0
原料米:秋田酒こまち

株式会社那波商店[銀鱗]
「銀鱗」の酒銘で知られる「那波商店」は文化12年、
秋田藩御用達商人であった那波三郎右衛門裕生氏が
藩命を受けて酒造りを始めた。

明治4年に秋田市にある港町・土崎に工場を設立し、
昭和10年より「銀鱗」に銘を定め今に至っています。

「銀鱗」はソーラン節にある
「踊る銀鱗かもめの港…」に由来するとされ、
秋田特有の寒冷な気候に任せた酒造りを行っています。

昭和3年に完成した現在の蔵は、
酒蔵としては東北初の鉄筋コンクリート造りです。

雄物川河口の臨海地域の中心地にあり古くから
貿易で栄えたこの地に建てられた銀鱗蔵は、
秋田県醸造試験場の初代場長花岡正庸氏が
設計に携わりました。

ボイラーに摩擦精米機、
斬新な酒造庫の導入など建築物としても
非常に珍しい酒蔵となっています。

銀鱗蔵のある土崎周辺の地下水は、
ほど良い発酵を促すクロール分を含んでいます。
その地下水と温度管理を秋田特有の寒冷地帯に任せ、
自然の恵みと先人の技術で醸したお酒を製造しています。

「ほっと幸せを感じてもらいたい」という
想いで造る銀鱗の酒はキメが細かく
繊細な味わいが特徴です。



お求めは↓より、または上記の画像をクリックしてください。
那波商店 銀鱗 純米酒 こまち美人 720ml
posted by 暇tarou at 11:17| Comment(0) | 那波醸造・こまち美人