2017年10月10日

秋田県醗酵の地酒 純米大吟醸 一滴千両

16864650_1860000834270625_3122255338207350766_n.jpg

hakko_main.jpg


一滴千両 純米大吟醸 720mL

「一滴千両」は
「この酒は一滴にして千両の値打ちがある」という
意味をこめて命名されました。
千両は"千両役者"など格式が高く値打ちがあると云う、
意味で、秀れている事に使用されており、
「一滴即黄金如」などと讃しました。
秋田ならではのお酒です。

秋田県醗酵工業の「清酒の造りには、
大吟醸など特定名称酒を昔ながらの手造りで行っている
『昭和蔵』と大量生産が可能で近代的設備が整った
『平成蔵』の2つの蔵があります。

酒造りの3要素である米と水、伝統と技術、自然環境の
すべてが揃った蔵で精魂込めて造りあげられた酒は、
まさに一滴一滴が千両に値する逸品です。


全国新酒鑑評会で「一滴千両」が金賞を受賞
平成30年度、全国新酒鑑評会は、
清酒の製造技術および品質の向上を目的とした、
全国規模で開催される唯一の鑑評会です。

1911年の初開催以来100回を超える伝統を有します。
平成30酒造年度は全国から857点が出品され、
入賞が416点、そのうち237点が金賞に選ばれました。

金賞は入賞酒の中でも特に優秀と認められたものに
与えられる名誉ある賞です。

秋田県醗酵工業株式会社[一滴千両]
一滴千両という日本酒を造る秋田県醗酵工業株式会社は、
一般的な地方蔵とは異なり、
近代的な起業の形態を持つ日本酒メーカーです。
創業の経緯も通常の酒蔵とは異なります。

湯沢市には爛漫に代表される普通酒を
沢山造る酒蔵がいくつもあります。
レギュラー酒を生産する際に原料の一部分となる
醸造アルコールは関西の大手の酒蔵から仕入れていました。

その醸造アルコールを、競争相手である
関西の酒蔵から購入するのではなく、
自分たちで造ってしまおう。

そう考えた秋田県の複数の酒蔵や財界人が出資、
昭和28年に爛漫の敷地内に起業します。

起業当初は、醸造アルコールの製造を
行っていましたが、後に湯沢銘醸という酒蔵を吸収。

湯沢銘醸が所有していた「一滴千両」という
商標で日本酒造りを開始。
蔵の敷地も爛漫から離れ、
今の場所に落ち着きます。

ただし醸造アルコールを地元の秋田の
酒蔵に販売していた手前、
秋田県醗酵工業株式会社にとって
主要取引先は秋田の酒蔵ですので。

その取引先の機嫌を損ねないよう、
一滴千両という日本酒は秋田県下では販売せずに、
首都圏など県外で販売される事になってます。



お求めは↓より、
一滴千両 純米大吟醸 720mL

posted by 暇tarou at 15:21| Comment(0) | 秋田県発酵工業・一滴千両

秋田の地酒 やまとしずく 純米大吟醸


秋田の地酒 やまとしずく 純米大吟醸 1800ml

「刈穂」でも有名な秋田酒造様の蔵元、
酒屋、農家が一体となって酒米つくり、酒造り、
手間も伊時間も惜しまない長期低温発酵、
手仕事にこだわった自慢の
逸品流通限定商品「やまとしずく」の最高峰です。


やまとしずく

『やまとしずく』は1994年に秋田県内の有志酒販店と
「刈穂」で立ち上げたブランドです。

『ヤマト』とは創業家である伊藤家の屋号で、創業当時
『ヤマト酒造店』と名乗っていたことに由来します。

代々使用されていた酒造りの道具や、樽、仕事着の
半纏などに屋号が刻印されています。 

今から約150年前の創業者の精神と創業時代の
酒造りを受け継ぎ、
米も水も特定地域のものだけを使用し、
地域性と個性のはっきりした美味しい酒を
造ることがやまとしずくのコンセプトです。

華やかで透明感のある香り、
豊かに広がるきめ細やかな味わいが特徴。 
秋田酒こまちならではのやわらかな味の広がりが楽しめます。

「やまとしずく」は1994年に立ち上げられました。
米も水も特定地域のものだけを使用し、
地域性と個性のはっきりした美味しい酒を造る事が
「やまとしずく」のコンセプト。

「米作りからの酒造り」がテーマになっており、
原料米は全て、創業家・蔵人・地元契約農家の
田んぼで栽培された酒米を使用しています。

毎年同じ人、同じ地域で栽培された良質の酒米で
仕込む事で酒質の安定と向上を目指しています。

地元篤農家と契約栽培した酒造好適米
「秋田酒こまち」を全量用い、
鑑評会用に醸した珠玉の純米大吟醸。

上品で香り高く、味わいは至極なめらか。
爽快な口あたりとあざやかな香味が楽しめます。



お求めは↓より、または上記の画像をクリックしてください。
【秋田清酒】やまとしずく 純米大吟醸 1800ml


















posted by 暇tarou at 14:39| Comment(0) | やまと酒造・やまとしずく

秋田の地酒 阿櫻酒造 阿櫻 超旨辛口 

秋田の地酒 阿櫻酒造 特別純米無濾過原酒 阿櫻 超旨辛口 

阿櫻酒造株式会社 [阿櫻]

明治19年、秋田の小正月行事「かまくら」で
知られる雪深い町、
横手市に創業した蔵元阿櫻酒造があります。

横手市のシンボルである横手城は
別名「阿櫻城」とも呼ばれており、
地元の人々に親しまれています。

阿櫻酒造は米どころ秋田の地元米にこだわるなど
原料素材を精選し、長期低温発酵の
「秋田流寒仕込み」を受け継いでいます。

全国五大杜氏の一つである秋田の山内杜氏
照井俊男氏のもとで情熱を燃やす蔵人達により、
技の粋を集めた長期低温醗酵の
秋田流寒仕込のお酒を醸しております。

米どころ秋田の地元米のみで醸した、
華やかな香りと、まろやかな味わいが調和した
飽きのこない飲み口の良さが阿櫻酒蔵のお酒の特徴です

杜氏をはじめ、永きに渡り酒造りに携わってきた
蔵人の経験と技術により、「大胆かつ緻密」な
酒造りが実践され続けています。

清らかな自然の中にある酒蔵の近隣からは、
奥羽山系の良質な伏流水が湧き出る。
酒蔵の造りは蔵人が効率よく酒造りに
取り組めるよう導線設計され、
酒造りに注力できる最良の環境を整えています。

仕込み時期には、蒸し上がった酒米の
甘くまろやかな香りが蔵内を漂う中、
気心の知れた蔵人たちの熱気から、
そのチームワークの良さを強く感じます。

杜氏のチェックを通ったお酒だけが
世に出荷される徹底したこだわり。
「飲む方に、蔵人の情熱が伝わる酒」を
コンセプトに造り続けられてきた阿櫻酒造の
日本酒は、さわやかで優しい口当たりが特徴です。

原料素材を精選し、長期低温発酵の「秋田流寒仕込み」
で造り上げられる阿桜の商品。

この恵まれた自然風土と蔵人たちの
酒造りにかける情熱は阿桜酒造の誇りであり
120余年の歴史そのものです。

職人技の域をはるかに越えた杜氏の
「大胆かつ緻密な」酒造りは、
長い伝統の中で受け継がれてきたもので、
まさに「芸術」と言っても過言ではないでしょう。

「飲む方に蔵人の情熱が伝わる酒」を
コンセプトに造り続けられてきた阿桜の酒。
すべての商品に時代を越えて「魂」を
注ぎ込んでいるのです。

日本酒にはもともと男性的なイメージが強くあり、
日本酒を好んで飲む方も男性が中心でした。

阿桜酒造では、お酒が初めての若い世代や女性にも
「日本酒のある普段の生活」を
楽しんでいただくために、
「遊び心をもった、酒のニューフェース」
造りも積極的に進めているとのことです。

多くの方々に求められる日本酒とは
何かを追求するため、常に消費者の声に耳を傾ける。
杜氏を中心として蔵人全員で阿櫻の味の
方向性を決めるため何度も話し合いが
日々続けられております。


「阿櫻」が出来るまでの行程をみましょう
「お酒が出来るまでの醸造プロセス




秋田酒こまちを60%精米し、
協会901号酵母仕込の特別純米原酒。
日本酒度+10のキレと無濾過原酒ならではの
旨味をお楽しみ下さい。

原材料:米(秋田県産)・米こうじ(秋田県産米)
精米歩合:60%
原料米:酒こまち
使用酵母:協会901号
アルコール度:16度


お求めは↓より、
阿櫻 特別純米無濾過原酒 超旨辛口+10 阿櫻  720ml カートンなし

秋田の地酒 秋田酒造 秋田晴 大吟醸


秋田酒造 秋田晴 大吟醸 1.8L

軽快な香りの中に程よい甘みと酸がある大吟醸酒です。
フレッシュでキレのある味わいの秘訣は、
低温発酵等秋田酒造独自の伝統手造りの逸品です。
表ラベルには仕込み蔵が温かみのある
イラストで描かれています。

原材料:米(国産)・米麹(国産米)・醸造アルコール
アルコール分:15度
精米歩合:50%
酵母:雪国酵母
原料米:吟の精

秋田酒造株式会社[酔楽天、秋田晴]
秋田酒造株式会社の前身である國萬歳酒造は
明治41年に初代・川口新助が創業しました。

日露戦争に勝利したことを記念し「國萬歳」と
命名されました。
その後、企業合同により、現在は
「秋田酒造株式会社」として酒造りを行っています。

酒蔵がある「秋田市新屋」は、
湧き水が豊富なことから醸造の町として栄えてきました。
昭和後期までは、近隣に5つの酒蔵がありましたが、
現在は当社のみとなっています。

現在は「水質プラント」を設備し、
新屋の中硬水をさらに良質なものとして
仕込み水に使用しております。

母屋・仕込蔵・洋館などは、国の指定文化財であり、
新屋旧街道のランドマークとなっています。
蔵の特徴としては、海外(アメリカ・イギリス)への
輸出にも注力し現在では出荷量の約20%が
海外輸出となっています。




お求めは↓より、または上記の画像をクリックしてください。
秋田酒造 秋田晴 大吟醸
1.8L



平成二十九年 全国新酒鑑評会日本酒の
ナポレオンと称される新酒です。

秋田晴の技術と粋を結集した日本酒の
ナポレオンと称される長期低温貯蔵酒。
フルーティな芳香とまろやかなですきとおるような
風味が特長です。

はまぐりの酒蒸し、畑のキャビアといわれるとんぶり、
刺し身特にイカやホタテなどがよく合います。
大吟醸原酒生 酔楽天 4,058円 税込、送料別

秋田の地酒 栗林酒造 春霞 純米大吟醸

秋田の地酒 栗林酒造 春霞

無題.png

栗林酒造の歴史と栗林酒造の酒造り
秋田六郷は古来より「百清水」といわれた
豊かな清水の里、明治七年に創業した栗林酒造店は
「春霞」の名で知られ、その名は、謡曲「羽衣」の一節、
「春霞たなびきにけり久方の…」に由来するといわれています。

平成16年からは「美郷酒米研究会」を立ち上げ「美郷錦」
「美山錦」の契約栽培に力を入れ、
契約農家が栽培する地元産の酒米を多く取り入れています。.

「一本蔵」と呼ばれる仕込み蔵は昭和初期に建てられ、
トンネルように続きその全長は100メートルに及びます。

入口から「酒米を蒸すエリア」「麹室」「仕込み場」「貯蔵庫」と
続き、その配置は酒造りに適していると考えられています。

六郷の地は名水百選に指定された水の町。
地下30メートルから汲み上げた仕込み水は、
じっくりと発酵させる性質を持ち合わせ、
この酒造りに恵まれた環境で
「春霞」は醸し出されています。.

百三十余年にわたり酒造りを行っている栗林酒造は、
酒造りに携わる蔵人全員が地元、美郷町の人です。

ほぼ全量を九号系酵母で醸し「やわらかく素直な味わいと香り、
透明感のある酒」を目指し料理と一緒に飲んで、
その料理を引き立てる「食中酒」を醸したいと考えています。

栗林専務をはじめとした蔵人全員が集中し、
細部まで気を配る仕込み風景が印象的です。 .



栗林酒造店 春霞 純米大吟醸 720ml

名水百選の郷、秋田六郷で、
厳寒の中醸造した寿米大吟醸酒。気候風土の恵みを、
冷やしてご賞味ください。

酒造:栗林酒造店(
原材料 米(国産)・米麹(国産米)
精米歩合:35%
アルコール度:16度以上、17度未満

合名会社栗林酒造店[春霞]
杜氏 栗林 直章 さん
仕込みの際、蒸した酒米の温度管理など
何度もチェックしている姿が印象的であった、
栗林直章専務にお話を伺いました。

『生産量がそれほど多くない分、
すみずみまで目と手を行き届かせて、
品質に反映させるよう努力しています。

仕込み水の性質なんですが、春霞の酒は穏やかな
味わいのある酒造りに適しているんですよ。

最近では、秋田の若手の蔵元が立ち上げた「NEXT5」や
「秋田のにごりの会」などに参画し、
秋田の地酒の普及へと尽力しています。



お求めは↓より、
栗林酒造店(NEXT 5 蔵元) 春霞 純米大吟醸 720ml

秋田の地酒 銀鱗 純米酒 こまち美人


銀鱗 純米酒 こまち美人 720ml

高品質の秋田の飯米「あきたこまち」を
厳選し高精白でしかも手造りです。
しっかりとしたのどごしの良さが受けています。

醸造元:(株)那波商店
原材料:米・米麹
精米歩合:65%
アルコール度:15.0〜16.0
原料米:秋田酒こまち

株式会社那波商店[銀鱗]
「銀鱗」の酒銘で知られる「那波商店」は文化12年、
秋田藩御用達商人であった那波三郎右衛門裕生氏が
藩命を受けて酒造りを始めた。

明治4年に秋田市にある港町・土崎に工場を設立し、
昭和10年より「銀鱗」に銘を定め今に至っています。

「銀鱗」はソーラン節にある
「踊る銀鱗かもめの港…」に由来するとされ、
秋田特有の寒冷な気候に任せた酒造りを行っています。

昭和3年に完成した現在の蔵は、
酒蔵としては東北初の鉄筋コンクリート造りです。

雄物川河口の臨海地域の中心地にあり古くから
貿易で栄えたこの地に建てられた銀鱗蔵は、
秋田県醸造試験場の初代場長花岡正庸氏が
設計に携わりました。

ボイラーに摩擦精米機、
斬新な酒造庫の導入など建築物としても
非常に珍しい酒蔵となっています。

銀鱗蔵のある土崎周辺の地下水は、
ほど良い発酵を促すクロール分を含んでいます。
その地下水と温度管理を秋田特有の寒冷地帯に任せ、
自然の恵みと先人の技術で醸したお酒を製造しています。

「ほっと幸せを感じてもらいたい」という
想いで造る銀鱗の酒はキメが細かく
繊細な味わいが特徴です。



お求めは↓より、または上記の画像をクリックしてください。
那波商店 銀鱗 純米酒 こまち美人 720ml

2017年10月09日

秋田の地酒 備前酒造 特別純米酒 大納川(だいながわ)


備前酒造 特別純米酒 大納川 720ml

地元農家の協力により栽培した酒造好適米「酒こまち」を、
霊峰保呂羽山が源の伏流水で仕込み、
淡麗辛口の味わいに仕上げました。

きれいな酸味のあるやわらかですっきりした味わいと
ミルキーでフルーティーな香りが特徴です。
冷や〜ぬる燗でお楽しみください。



備前酒造本店 [大納川]
備前酒造本店醸造蔵は、横手盆地の北西、霊峰保呂羽山の麓、
太古から伝わる国の重要無形文化財、
霜月神楽の里大森町に有ります。

二代目備前雄太郎が、時の貴族院議員、
土田万介翁に命名を依頼。町の中心を流れる大納言川に
ちなんで「大納川」と命名された。

酒造りに適した豊富な水と、豊かな自然、
そして酒を愛する人々の中で「大納川」は醸されています。

備前酒造本店の名が示すとおり、
先代は備前の国である。
今から三百年ほど前、
船乗りであった先祖が当地に居を構え、
商いを行うとともに現在の備前家を興した。

酒造りは四代前の備前才治が、大正三年に創業。
早くから純米酒造りを始め、
純米の大納川と言われ商品の多様化が
進んだ今でも、評価を頂いている。



お求めは↓より、または上記の画像をクリックしてください。
備前酒造 特別純米酒 大納川(だいながわ) 720ml

秋田の地酒 刈穂酒造 大吟醸


刈穂酒造 大吟醸 1.8L

磨きこんだ酒米を豊富に湧き出る独特の中軟水で醸しました。
透明感ある香り、
涼やかできめこまやかな口あたり、
厳冬の冷気を思わせるキレが特徴です。

原材料:米(国産)・米麹(国産米)・醸造アルコール
精米歩合:45%
アルコール度:16.0〜17.0


刈穂酒造株式会社[刈穂]
刈穂の山廃仕込みは昔ながらの手法に加え、
当蔵独自の手法が取り入れられています。

特徴は厳寒期の長期低温発酵で、
その醗酵期間は「酒母」「もろみ」を
通じて二ヶ月にも至ります。
この手間と時間が、
淡麗繊細ながら山廃仕込み独特の味とコクが
調和する酒質を生みだしているのです。

杜氏をはじめと蔵人皆で、
「蔵人同士和をもって、仕事と己に厳しい酒造りを」
を実践しています。


kariho_sub01.jpg
杜氏 斎藤 泰幸さんに
仕込みの真っ最中の忙しいなか、
刈穂の酒造りについて伺いました。

刈穂蔵では杜氏・蔵人が『和醸良酒』の
精神の元、酒造りを行っています。
全員が地元出身者でチームワークは抜群です。

刈穂の酒は吟醸酒に代表される、
清冽で香味あざやかな酒と、
伝統的な山廃仕込みに由来する
力強い旨みとコクを持つ酒とがあり、
バリエーションが豊かです。

ただ「旨い酒」を決めるのはお客さまですから、
我々の酒造りに対する想いが酒を飲む
お客様に届くように願いながら造っています。
と伺いました。



お求めは↓より、または上記の画像をクリックしてください。
刈穂酒造 大吟醸 1.8L
posted by 暇tarou at 21:21| Comment(0) | 刈穂酒造・蔵元を訪ねて

2017年10月08日

秋田の地酒 舞鶴酒造 天の戸 純米大吟醸 白雲悠々


舞鶴酒造 天の戸 純米大吟醸 白雲悠々 720ml

美郷錦40%精米。
華やかな吟醸香でやわらかな余韻のが続く後味が特徴。
分類 / 純米大吟醸
原料米 / 美郷錦
味のタイプ / 華やかな吟醸香やや辛口
精米歩合 / 40%
アルコール度数 / 16.5

舞鶴酒造株式会社[朝乃舞]
酒造りの基本は1麹・2もと・3醪と云われている。
現代では醸造技術の発達により機械でこれらの工程を行う
メーカーが増えてきているが、
当社では昔ながらの伝統を大切に継承し、
あくまで手造りとしている。

それは飲んで頂くお客様へ酒のおいしさばかりでなく
酒造りに携わる蔵人の真心も一緒に
伝えたいためなのです。

平鹿町は江戸時代の紀行家、
菅江真澄の著書「雪の出羽路」によると
名湧水の地として水に関る産業が発達し酒屋十二軒、
染屋十二軒と称された。

使用する水は仕込水等すべて「琵琶清水」という
奥羽山脈融雪伏流水である。
この水で仕込むと口当り爽やかな、
淡麗な中にも旨味を持ったキメ細やかな酒となる。

横手盆地は県内随一の積雪量を誇り、
酒造に最適な環境である。
当社はこの豊富な雪の有効活用法として
「かまくら雪中貯蔵」を数年前から導入し、
酒質の向上・安定を図っている。

酒の貯蔵は低温で温度変化のない状態が
最適とされている。
かまくらの中に搾りたての清酒を貯蔵し
熟成させることで一層なめらかな味わいとなる。




お求めは ↓ より、または上記の画像をクリックしてください。
天の戸【日本酒】舞鶴酒造 天の戸 純米大吟醸 白雲悠々 720ml【専用箱付】

秋田の地酒 刈穂酒造 刈穂大吟醸


秋田清酒 刈穂 大吟醸 1800ml

厳選された酒造好適米を原料に、
蔵元独特の中硬水を用いて長期低温発酵で醸造しました。
厳冬の冷気のような透明感のある香り。
淡麗ながら力強さを秘めた味わいがあり、
キレのある後味が特徴です。
アルコール度数 16.0%


刈穂酒造株式会社[刈穂]
杜氏  斎藤 泰幸さんに
仕込みの真っ最中の忙しいなか、
刈穂の酒造りについて伺いました。

『刈穂蔵では杜氏・蔵人が『和醸良酒』の精神の元、
酒造りを行っています。
全員が地元出身者でチームワークは抜群です。
刈穂の酒は吟醸酒に代表される、
清冽で香味あざやかな酒と、
伝統的な山廃仕込みに由来する
力強い旨みとコクを持つ酒とがあり、
バリエーションが豊かです。

「旨い酒」を決めるのはお客さまですから、
我々の酒造りに対する想いが酒を飲むお客様に
届くように願いながら造っています。』



お求めは ↓ より、または上記の画像をクリックしてください。
【送料無料】【ギフト品】【代引不可】秋田清酒 刈穂 大吟醸 1800ml
posted by 暇tarou at 13:25| Comment(0) | 刈穂酒造・蔵元を訪ねて

秋田の地酒 喜久水酒造 吟醸 縄文能代


喜久水酒造 吟醸 縄文能代 1.8L

能代にはまだまだ発掘されていない
縄文時代の遺跡が数多くあります。
縄文時代の口噛みの酒から発達してきた
日本酒の醸造方法で現在の最高峰をいく
吟醸酒はお客さまの喜ばしい
ハレの日のお酒としてご愛飲下さい。

喜久水酒造合資会社[喜久水]
喜三郎氏はじめ喜久水酒造の蔵人たちは、
「地元能代の地に深く根ざし、
より高品質な酒を作っていくこと」を日々意識しながら
酒造りを行っています。

取引先の貯蔵管理方法にも気を配り、
飲まれる方へ最良の状態で提供できる
お店を厳選するという。

原料である酒米も良質なものを生産する地元の
契約農家と深い繋がりを保ち、
それを守り続けることこそが地場産業として
生き残るために必要なことと考えています。

六代目喜三郎氏は、豪快で明るく、
そして何より大の酒好きという人柄がうかがえます。

「地元の人たちのための酒造り、
ここでの市民権と存在価値を得る酒造りを考えています。
このことを貫くことが良質の酒を造り続ける
秘訣だと思っています。

何よりも自分たちが「うまい!」と思える
酒を造り上げるため、蔵人との日々試行錯誤ですよ。
造る酒を蔵人たち全員でイメージを共有するために、
日本酒の飲み比べも頻繁にやっています。
当たり前だけど、
旨い酒ほど飲まれる量のスピードは速いですねと笑う」


お求めは ↓ より、または上記の画像をクリックしてください。
喜久水酒造 縄文能代 1.8L
posted by 暇tarou at 13:01| Comment(0) | 喜久水酒造・蔵元を訪ねて

飲んでみたい秋田の地酒 金紋秋田酒造 黄金の四年完熟酒 新聞紙包み熟成古酒

item-kinmon-4nen.jpg
金紋秋田酒造 黄金の四年完熟酒 新聞紙包み熟成古酒 720ml

四年間熟成させた事により、旨みとコクがあり、
貯蔵酒ならではの柔らかさのあるお酒。
原料米 / 美山錦
味のタイプ / 酸と旨みのバランスの取れた中口
精米歩合 / 70%
アルコール度数 / 15.5

金紋秋田酒造株式会社[金紋秋田]
うまい日本酒は「熟成」にあり。
金紋秋田酒造(株)が現在の組織となったのは昭和48年。
県内の酒造会社と卸業社の出資によって誕生しました。

私たちの酒造りは、
その中心となった秋田冨士酒造店の創業である、
昭和11年にさかのぼります。

往時から今日まで連綿と伝わる銘柄は「秋田富士」。
これは秋田と山形にまたがる東北第2の高峰鳥海山の、
秋田側からの呼び名です。

米どころ秋田平野をうるおし、
古来山岳信仰の対象としても知られた秋田富士の名は、
県下はもとより秋田を離れて暮らす人々にも
特別の意味を持っています。

戦後復興が急ピッチで進められた昭和20年代から30年代。
秋田の多くの人々は、
移住や出稼ぎで北海道の炭鉱に仕事を求めました。

秋田富士は、そうして「黒いダイヤ」を掘り出す現場で
働く秋田県人たちから、絶大な支持をいただいたのです。

もともと明治以降、数多くの秋田人が
北海道開拓のために津軽海峡を渡りました。
石狩川の治水工事などでは、
勤勉で堅実な秋田人は信用人夫といわれ、
その働きぶりにはひときわ定評があったといいます。

ふるさとを離れて厳しい労働に明け暮れる人々に、
秋田富士の名と味わいは、何ものにもかえがたいものが
あったのではないでしょうか。

先代社長は、北海道の卸企業と共に、
炭鉱街の酒販店をくまなくまわったものでした。

そしていま金紋秋田酒造では、
熟成古酒と北海道のさまざまな食材との
組み合わせによって、食の世界との関わりを広め、
いっそう深めようとしています。

発想を一歩進めれば酒造りとは、
日本酒単体の味覚評価だけにとどまらない、
新しい味わいの世界の探求にほかなりません。

日本酒の根源をしっかりと踏まえながら、
私たちは、熟成古酒というほかにまねのできない
旨味を抱く日本酒によって、さらなる未知の地平への
ブレイクスルーを求めてやみません。

代表取締役 佐々木孝 よりのメッセージです。



お求めは ↓ より
黄金の四年完熟酒 新聞紙包み熟成古酒 720ml清酒 日本酒 金紋秋田酒造
posted by 暇tarou at 12:33| Comment(0) | 金紋秋田酒造・蔵元を訪ねて

2017年10月07日

秋田の地酒 両関酒造 純米大吟醸 雪月花

16864650_1860000834270625_3122255338207350766_n.jpg

p-enkaku02.jpg

両関酒造株式会社

「両関」の創業は明治7年です。
明治から大正、昭和、平成、令和への長い歳月を経て、
歴史と数々の伝統を積み重ねながら現在に至ります。

個人商店から「合名会社伊藤仁右衛門商店」へ、
そして「両関酒造株式会社」へと
着実に成長して参りましたが、
その道程は平坦なものではありませんでした。

廃業を決意した時期や戦中戦後の困難な時期を、
先人達の懸命な努力と創意によって克服してまいりました。

特に九代・仁右衛門と二代・忠吉の両名に
負うところが多かったのですが、
何よりも今日に至るまで、ご声援・ご援助を戴いた
指導機関や酒類流通 業界の皆様、
そして消費者の方々の強力な
ご支援の賜と思っておりますと。

弊社では現在、創業以来の
「人の和によって生まれ人の和を醸す」
「品質第一主義」というポリシーを堅持しながら、
更に新しく構築した企業理念のもとに、
社内の陣容の強化と意識改革して、
消費者サイドの視点にたった
酒質と商品体系の見直しを推し進めて
いるとのこと。

●杜氏と造りこだわり
両関では、創業以来、杜氏は社内で育成しており、
その伝統は今も受け継がれております。

このような伝統の中で両関が独自に
「低温長期醸造法」を開発しました。
この技術を自社だけにとどめることなく各蔵元へ公開し、
東北の酒造りの向上に貢献してきました。

「米の秋田は酒の国」美酒王国秋田県は数多くの
銘醸蔵で芳醇な酒が醸されております。

両関は、明治、大正、昭和、平成、令和へと
それまでに数々の賞を受賞してまいりました。

2006年全国酒類コンクールで純米の部で
両関山廃仕込特別 純米酒が全国第一位に輝き、
同じ2006年イギリスで開催された欧州最大かつ国際的に
最も権威のある酒類評価会「IWSC」で
両関純米大吟醸雪月花が金賞を受賞し、
2007年には、最高金賞に輝きました。

このように国内外で高い評価を受けております、
そして地元の皆様はじめ多くのお客様に
ご支持を得ております。

文化の継承と創造のために、地域の発展のために、
人々の和と喜びのために、うまい酒を造り続けますと。

両関の酒蔵は秋田県で最初に1号蔵から5号蔵までの
5ヶ所が登録有形文化財に指定されております。



両関酒造 純米大吟醸 雪月花 1800ml

両関を代表する純米大吟醸酒です。
花のように艶やかなアロマと、
3年間の低温熟成が仕上げた
とろりとしたまろやかな味が特徴で、
杜氏入魂の純米大吟醸酒です。
IWSC最高金賞受賞酒。


両関酒造株式会社[両関]
杜氏  武石 廉太郎 さん
人が一体となって酒造りを進めていくためには、
互いの横のつながり、コミュニケーションが大切です。

そこで「和」ということを常に心にとめています。
両関では創業以来、「品質第一主義」に徹し
「人の和によって生まれ、人の和を醸す」という
ポリシーを信条としています。

蔵人の経験や個人の“技”に頼る部分も多いですし、
何より一人一人の思いが良いお酒を造る原動力となり
「人」が蔵を支えていると考えています。

伝統の中にも常に新しさも求めて、
お客様に「うまい酒 両関」を提供するため、
日々精進して参ります。




お求めは ↓ より、または上記の画像をクリックしてください。
両関酒造 純米大吟醸 雪月花 1800ml
posted by 暇tarou at 22:36| Comment(0) | 両関酒造・蔵元を訪ねて

秋田の地酒 太平山 本醸造からくち


太平山 本醸造からくち 1800ml

本醸造ならではのふくよかな旨さはそのままに、
キレ味により磨きをかけた辛口タイプのお酒です。

世界自然遺産、白神山地の伏流水で仕込んだ純米酒。
軽やかな飲み口とキレを楽しめます。



小玉醸造株式会社 [太平山]
小玉醸造株式会社の創業は明治12年(1879)、
創業者の小玉久米之助が醤油・味噌の
醸造を手がけたことに始まります。

明治40年には事業形態を会社組織に改組。
翌41年には秋田支店を設置するなど、
秋田を代表する醤油・味噌醸造元として
不動の地位を確立するまでに成長します。

その一方で、大正2年からは酒造業にも着手。
地域で最も親しまれている名峰に由来する
「太平山」ブランドの酒を世に送り出します。

発売と共に各界の著名人をはじめ
多くのファンにも恵まれた「太平山」は、
昭和8年に全国初の冷用酒「玲琅太平山」を発表。

翌9年には全国酒類品評会において
出品総数約5000点中第1位を獲得するなど、
秋田を代表する銘酒として全国に
その名が知られるようになります。

「太平山」全国新酒鑑評会など数々の鑑評会で
金賞を受賞すると共に、平成五年には
全国・東北・秋田と揃ってトップとなる三冠を達成。
あえて手間暇のかかる生もとや吟醸を主力とした
こだわりの酒造りを続ける、
ちょっと頑固な蔵元としても知られています。



お求めは ↓ より、または上記の画像をクリックしてください。
☆【日本酒】太平山(たいへいざん) 本醸造からくち 1800ml

秋田の地酒 小玉醸造 太平山 純米大吟醸 天巧


小玉醸造 太平山 純米大吟醸 天巧 1.8ℓ

気高さの中に同居する圧倒的な存在感。
これぞ太平山の真骨頂。
太平山独自の生もと造りです。
ベルギーのモンドセレクションで通産6度の金賞受賞。

華やかな香りと、キリッとした口当たりの名酒です。
気高さの中に同居する圧倒的な存在感。
生もと造りで醸した純米大吟醸の傑作です。

分類 / 純米大吟醸
原料米 / 山田錦
味のタイプ / 香り華やか淡麗やや辛口
精米歩合 / 40%
アルコール度数 / 16



小玉醸造株式会社 [太平山]
杜氏  猿田 修 さん

太平山を主要銘柄として酒造りを行う
杜氏・猿田修さんに、
酒造りについてのこだわりをお聞きしました。

「私たちの酒造りは『秋田流生酛造り』が特徴です。
酒造りに大切な酛造りにはいくつか方法がありますが、
14日ほどで酛が作れる『速醸酛造り』に比べると
倍の時間が必要となるのが私たちの方法です。

電動ドリルを用いて酒米をすりつぶすという
小玉健吉氏が編み出した「秋田流生酛造り」を
今も大切に受け継いでいます。

現在は8名で酒造りを行っています。
私たちは、後味が良い酒を目指し、
一杯で満足するのではなく、
ずっと飲んでいたくなるような
お酒を造りたいと思っています。

お燗にしても、しっかりとしたお酒、
コクがあって、味わい深い。
でもスッキリとした飲み口を感じられる。

それこそが、食中酒として飽きずに
飲んでいられるお酒だと思います。
飲めば造り手の顔が見えるような、
温かさを感じられるような
お酒を造り続けていきたいと思っています」。



お求めは ↓ より、または上記の画像をクリックしてください。
小玉醸造 太平山 純米大吟醸 天巧 1.8l

秋田の地酒 天寿酒造 大吟醸「鳥海」

16864650_1860000834270625_3122255338207350766_n.jpg


天寿酒造 大吟醸 「鳥海」720ml

正統・秋田流ともいえる低温長期仕込みによって
醸された大吟醸。
丁寧な自社精米・壜火入れ・冷蔵壜貯蔵など
最善の品質管理を施し、
華やかな香りと豊麗な味わいの
大吟醸「鳥海」が誕生しました。

蔵人の確かな技と限りない情熱が
育て上げた「天寿」ならではの逸品です。
華やかな香りと芳醇な味わいをお楽しみください。

分類 / 大吟醸
原料米 / 山田錦
味のタイプ / 香り華やか芳醇やや辛口
精米歩合 / 35%
アルコール度数 / 16.8

天寿酒造株式会社[天寿]
杜氏 一関 陽介 さん
天寿酒造に勤めて十年目で昨年秋田県最年少の
杜氏となった一関陽介さんは、
「やわらかでやすらぐ酒」造りを心がけていますという。
杜氏をはじめ天寿酒造の蔵人の酒造りに対する
こだわりをお伺いしました。

『伝統的な酒造りで良いとされた製法は、
本当に良いのかを検証し、
良ければ今の技術で更に徹底し、
不要な事は廃止します。

常に蔵人皆で確認し合い、
最良の製造法とは何かということを意識しています。
全工程において、
気が付いたことがあればその都度改善していくことが
天寿の酒造りの基本姿勢です。

必要な時に必要な作業・行動をとることを心がけ、
常に酒と向き合う姿勢を持ち続けることで
良い酒は生まれると考えていますとのことです。




お求めは ↓ より、



2017年10月06日

美酒秋田の地酒 日の丸醸造 純米吟醸 まんさくの花


日の丸醸造 純米吟醸 まんさくの花 1.8L

厳寒期に時間をかけ丁寧に醸し、
さらに長期に瓶貯蔵で低温熟成させた、
ほのかな香りと米の旨みがひろがる、
やさしい味わいが特徴です。
常温、冷や、ぬる燗が最適です。


日の丸醸造株式会社 [まんさくの花]
創業は元禄2年(1689年)。蔵の名前は、
秋田藩主・佐竹公の紋処が「五本骨の扇に日の丸」
だったことにちなんで付けられたと伝えられています。

大正時代には、年間醸造量が5000石に達し、
日英大博覧会において一等金牌を受賞。
それにより、東北を代表する酒蔵として栄えました。
しかし、戦時下の企業整備令によって、
昭和18年に廃業に追い込まれてしまいます。

昭和23年、基本製造石高300石の許可を得ることとなり、
約300年の伝統を復活させ、今に至っています。

横手市増田町は、古くから良質な酒造好適米の産地として
知られています。
日の丸醸造では、地元の農家と契約し、
自家精米にこだわっています。

秋田流寒仕込みでの長期発酵によってお酒を醸し、
できたお酒は槽絞りを行っています。
さらに、その絞りたてのお酒の大半はタンクでの
貯蔵ではなく、一本一本瓶に詰めて貯蔵。

入念に熟成させるというこだわりを持っています。
現在、吟醸酒以上のお酒は全て瓶による貯蔵を行っており、
とても手間やコストがかかる貯蔵方法ですが、
お酒にとって最良の熟成方法であるとの考えから、
実行しているのです。


お求めは ↓ より、または上記の画像をクリックしてください。
日の丸醸造 純米吟醸 まんさくの花 1.8L

酒の国秋田の地酒 日の丸醸造 まんさくの花 純米酒 


日の丸醸造 まんさくの花 純米酒 1800ml

秋田県内産 酒造好適米「美山錦」を使用。
穏やかな香りの中に米の旨味を
充分に感じて頂けるお酒です。


日の丸醸造株式会社 [まんさくの花]
昭和56年にNHKの朝の連続ドラマ
「まんさくの花」が横手市を舞台に放映されたのを
機会に誕生した、現在は、日の丸醸造の代表銘柄です。

以前は主力商品だった
「日の丸」のやや重みのある酒質とは違う、
『きれいで優しい酒質』への挑戦を志して誕生した
「まんさくの花」ブランドは、現在でもなお珍しい、
ひらがなの墨文字をラベルに採用しております。
墨文字自体が珍しかった時代としては、
非常に挑戦的なラベルですとのことです。

「まんさくの花」は挑戦のお酒として、
通年は変わらぬおいしさを求める傍ら、
多種多様な酒米や酵母のお酒造りに
挑戦し続けているとのこと。

それが呑み手のお客様にとってのお酒のたのしみを
提供することにつながり、造り手の杜氏にとっても、
たのしくお酒造りをすることにつながると
考えたからと言うのです。

「まんさくの花」は、日本酒の愉しさを
追及するブランドとして、変わらぬおいしさと、
新たな味への挑戦をこれからも続けていきますので
永いお付き合いになる事をお願いしますとのことです。



お求めは ↓ より、または上記の画像をクリックしてください。
(秋田)まんさくの花 純米酒 1800ml

秋田の地酒 飛良泉 山廃純米酒長享(ちょうきょう)


飛良泉 山廃純米酒長享(ちょうきょう)1.8L瓶

頑固なまでに山廃仕込みにこだわる飛良泉が、
「山田錦」をあえて高精白せず、
山廃本来の野性味ある酸、
旨みを存分に引き出して醸した限定品。

味わいが二重、三重に広がり、
骨格のしっかりとした飲みごたえのある酒。
酒銘は創業年「長享元年」にちなみ名付けました。


株式会社飛良泉本舗 [飛良泉]
杜氏紹介 [遠田 嘉人さん]
飛良泉本舗に入社以来、酒造りに30年ほど携わっている
杜氏・遠田嘉人さんに酒造りについてのお話をお聞きしました。

「飛良泉の特徴は、秋田の酒のなかでも酸味が強いこと。
そして山廃仕込みが主流であることです。
鳥海山系伏流水の硬水を仕込水として酒造りをしています。
この水は力強く、思うような麹も作りやすく、
山廃にも適した水です。

酒造りは自然を相手にするものです。
毎年、気候によって米が固かったり柔らかかったりという
違いもあり、見えない微生物を相手にしてます。
だからこそ、蔵人たちとの和が非常に大切なんです。

それぞれの持ち場での状況について、
いつもと異なる反応があればどんなことでも
話してもらうようにしています。

蔵人たちとのコミュニケーションが円滑でないと
、やはり上手くいきません。そうすることで、
ここならではの味わいを生み出していきたい。

飲む人たちの気持ちになって、
美味しいといってもらえるお酒を造っていきたいですね」

飲んだ人から、美味しかったと言われることが
一番うれしいと笑顔で語る遠田さん。
実直に酒造りへと取り組んでいる姿が印象的でした。


お求めは ↓ より、または上記の画像をクリックしてください。
飛良泉 山廃純米酒長享(ちょうきょう) 1.8L
posted by 暇tarou at 16:20| Comment(0) | 飛良泉本舗・蔵元を訪ねて

2017年10月05日

飲んでみたい秋田の地酒 木村酒造 福小町 純米辛口

bg_main_sec_02.jpg

秋田の地酒 木村酒造 福小町の蔵元

木村酒造の創業は元和元年(1615年)。
いまでは多くの酒蔵を有する秋田県にも、
当時は数えるほどしかなかったと言われています。

豊臣家の重臣であった木村重成の一族が、
ここでしか得られない土地の恵みを活かしてはじめた酒造り。

以来、天下泰平の江戸時代には稲作の安定とともに、
藩政時代には院内銀山の活況とともに歩み、
明治38年の奥羽本線開通後は県外出荷も開始。

そして、創業から400年。
いつの時代も地域や社会の変化に寄り添いながら、
ここでしかできない酒造りをして来たとのことでした。

創業以来、木村酒造に脈々と受け継がれてきた伝承の技は、
杜氏や蔵人が何度となく銘醸地に赴き、研鑽を積み、
長い歳月をかけて築きあげられたものです。

その歴史と伝統は、いまも古い酒蔵の隅々に息づき、
ほかでは生みだせない木村酒造ならではの深い
味わいを生みだしています。
国内外に数々の受賞実績をもたらしてくれているのです

令和元年 全国新酒鑑評会 7年連続金賞受賞!!
令和元年5月17日(金)に酒類総合研究所のHPで
全国新酒鑑評会の審査結果の発表がございました。

木村酒造は「大吟醸福小町(山田錦)」を出品して
「金賞」を7年連続で受賞となりました。

蔵人は今年の酒造り通信簿も「5」
をもらえた事を素直に喜んでいます。

いい酒とは何か。
昔ながらの日本酒らしい味か、
これまでにない新しい感覚か。

親しみやすい飲み口か、特別で贅沢な香りか。
答えは、人それぞれですね。

大切なのは、一人でも多くの声にふれること。
その出会いが、福小町の味わいにさらなる
深みと幅を与えてくれるはずです。

酒造り400年の伝統を大切に受け継ぎながら、
さらに新しい人へ、新しい時代へ。
究極の旨さを探求し続け常に新しい可能性を探り、
最高の日本酒を提供したい」
この想いとともに福小町の進化は続きます。

飲む人の心まで動かす日本酒をつくりたい。
だから福小町は、人による手造りにこだわります。

どの工程も決して機械任せにせず、
人の手で、人の目で思い描いた味と香りに育てあげていく。

だからこそ一人ひとりの腕と
心の持ちようが厳しく問われます。
各工程のプロが個々の力を発揮し、
同時に工程間で声をかけあいながら、
全体を高めあっていく。

その和が美しく調和したとき、
はじめて理想と呼べる日本酒が
生まれるのですとのことです。

小野小町 生誕の地に明治14年、
明治天皇が御巡幸で秋田県雄勝郡湯澤町(現湯沢市)を訪れた際、
その侍従長が木村酒造を宿に充てられました。

当時「男山」と銘打っていた酒を供したところ、
甘くてやさしい香味が賞賛され、
男山というよりも女性的な印象であったことから「
福娘」という銘を賜ります。

後に小野小町生誕の地として知られる湯沢にちなんで
「娘」を「小町」にして現在に至る
「福小町」の酒名が誕生しました。

「飲んでみたい秋田の地酒」という人には
これだとお薦めしたいお酒のNo1でしよう。



福小町 純米辛口、軽やかな果実香と旨味がしっかりと
まとまった超辛口の純米酒。冷やでキリッと、
燗にしてもスッと身体にしみわたる。

四季を通じて、軽快な飲み口を愉しめます。
余計な甘みを感じさせず、
合わせる料理を選ばない。

何度口に運んでも、
そのたびに鮮烈な印象を残していきます。
おすすめの飲用温度
花冷え(約10℃)〜上燗(約45℃)


株式会社木村酒造[福小町]杜氏 高橋 廣
杜氏である高橋氏に、酒造りでのこだわりを伺いました。

高橋 廣氏が40年以上酒造りにかかわりわかったことは
酒に無理をさせるとおいしいお酒にならない
ということ言う。

できるかぎり自然に任せ、
微生物たちの力に任せて醸すことで、
おいしいお酒ができます。

今は醸造技術が発達して、
良いお酒を造りやすくなりました。
コンピューターで数値化したデータを
比較検討することも容易になった。

高橋 廣氏は木村酒造がこだわってきた
「寒造り」とは「勘造り」でもあると思っている
とのこと

目と鼻と長年の経験、
そして代々受け継がれてきた知識が
一瞬の判断を下すことに繋がる。
データ解析ももちろん必要なことですが、
酒造りをしていると、その一瞬の判断が迫られる
場面があるんですと。

この蔵は、長い歴史の中で何度も閉鎖の危機に直面し、
その度に乗り越えて復活してきて
IWC2012での最高賞を受賞したのも、
神様が見守ってくれているからだと」。

昔から神事に日本酒は欠かせないものだからこそ、
魂を込めて造り、飲む人の心を癒やす酒でありたい。
そんな思いを教えてくださいました。




お求めは ↓ より、または上記の画像をクリックしてください。
木村酒造 福小町 純米辛口 1800ml箱代込

飲んでみたい秋田の地酒 木村酒造「福小町 純米吟醸酒」

kimura_main.jpg

木村酒造 「福小町」

株式会社木村酒造[福小町]
創業は元和元年(1615年)。
県内でも2番めに古い歴史を持つ酒蔵です。
1615年は、大坂夏の陣で木村重成が討ち死にをし、
豊臣家が滅亡したころ。

その木村重成の子孫の1人が、秋田まで逃げ延びて、
現在の湯沢市で創業したのが始まりと云われています。

秋田県湯沢市は豪雪地帯として知られており、
冬期は寒冷な地域で、清冽な水に恵まれています。

また、院内銀山が栄えたことで、
多くのお酒が消費されるようになり、
木村酒造もそれとともに栄えました。

古くは「男山」という酒名のお酒を造っていましたが、
明治14年に明治天皇が秋田にいらっしゃった際、
木村酒造に宿泊した従事の方に「男山というよりも、
女性的なお酒ですね」と「福娘」という酒名を賜りました。

昭和になるまでは、
男山と福娘という銘柄のお酒を出荷していましたが、
商標が他社と重なるという問題に直面。

小野小町の生誕の地と云われている
湯沢の酒蔵であることから、
現在の代表銘柄である「福小町」が誕生しました。

2012年には、世界最大のワインコンクール
「インターナショナル・ワイン・チャレンジ2012」で、
「大吟醸・福小町」がSAKE(日本酒)部門の最高賞
「チャンピオン・サケ」を受賞。
689銘柄の頂点に輝きました。

創業以来、脈々と受け継がれてきた伝承の技は、
杜氏や蔵人が何度となく銘醸地に赴き、
研鑽を積んで築き上げてきたもの。

蔵の中にはオートメーションの設備などはなく、
すべて蔵人たちの手によって造られています。
毎年、米の出来や気温、雪の量などが変わるため、
毎年同じ味のお酒を作るのは至難の業。

そのため、醪の最高温度を低く抑え、
発行日数を長くかける“寒造り”にこだわっています。
できるかぎり自然に任せた酒造りを行う。

そのために最適な環境を造ることに徹している。
それが、木村酒造の酒造りのこだわりです。




秋田の人気の地酒「福小町 純米吟醸酒」1.8ℓ

旨味と酸味が絶妙に調和です。
毎日飲んでも飽きのこない、
親しみやすい味わいです。
飲み口は軽く、しかし香りは高く、うまみは深く。

ふくらみを持たせながらも、
余計なクセは一切感じさせない。
どんな料理にも合わせやすく、
日々の定番として長く付き合いたい酒です。

おすすめの飲用温度
花冷え(約10℃)〜ぬる燗(約40℃)

詳細は ↓ より、
【秋田の人気の地酒】「福小町 純米吟醸酒」 1.8l

飲んでみたい秋田の地酒 高橋酒造店 奥清水大吟醸

s29zai.gif

高橋酒造店[奥清水]

明治18年仙畑村にて開業、戦中の一時醸造中止を経て、
昭和24年清水を求め、初代六郷町(現美郷町六郷)
長畠山氏の邸宅を譲り受け、ここに酒蔵を移転する。

「六郷」の地名は、アイヌ語のルココッイ(清い水溜り)が
訛ったものと伝えられている。
町の周辺には、およそ60の湧水があります。

六郷の町は森のなかにあり、宿場の城下町であったため
樹齢2百年3百年の大木が散在する。
加えて寺が多く、この町は自然に恵まれた
古き良き町として清水めぐりや散策に訪れる人が多い。

平成4年3代目高橋社長病没、後継者なく、
懇願のうえ現小山社長の就任が実現する。
吟醸酒・純米酒・本醸造酒の東京出荷が主体の
蔵として品質管理の徹底に努めているという。

奥羽山脈からの浸透水を仕込み水としていることから
奥羽山脈の奥と清水の里の清水をとって
「奥清水」と銘名したとのことです。

何となく秋田奥の田舎で地味に酒造りをしている
というような感じがいたします。

このような酒を「飲んでみたい秋田の地酒」と
言っても良いでしよう。
香り豊かな吟醸酒です。

原料米は山田錦を40%まで磨き使用。
六郷自慢の天然水がお酒を優しくまろやかに。

高橋酒造店[奥清水]の酒造りを見てみましょう
お酒造りに欠かせないキャラクター達で説明
「お酒ができる仕組み」

「お酒ができるまで 」




名水百選に選ばれた六郷の軟水を使い、
杜氏の精魂込めた手造りの逸品。
米は山田錦を36%までに磨き上げKA-4酵母による
杜氏の精魂込めた手造りの逸品です。

高橋酒造店 奥清水 大吟醸 720ml

秋田の地酒 八重寿銘醸 白神山地の四季

16864650_1860000834270625_3122255338207350766_n.jpg

yaesu_main2.jpg

八重寿銘醸株式会社[八重寿]

八重寿の前身は、
昭和25年東京市場へ秋田県産酒を販売するため、
日酒販の提唱で県下の酒造家10社の
統一銘柄として発足しました。

その後酒質の均一化を目的に、
昭和39年9月、県内酒造家8社と日酒販が共同出資し、
共同瓶詰工場として八重寿銘醸株式会社が
大仙市大曲に設立されました。

八重寿は県内随一の穀倉地仙北平野に位置し、
“花火の町”大仙市大曲の中心部にあり、
日本中から選抜された花火師30人が、通産大臣賞、
科学技術庁長官賞を目ざし華やかに技を競いあう
権威ある協議大会であり、レベルも非常に高く、
スケールの大きな光と音の演出効果抜群の
大会提供花火は、爽やかで、
あでやかなお酒“八重寿”のように夜空を彩る。

銘柄の由来について
日酒販で社内公募の結果、
本社が東京八重洲にあることから、
八重洲の「州」をめでたい「寿」にもじって
「八重寿」と命名された。
平成9年より世界遺産の白神山系の水を使用した
「白神山地の四季」を発売した。


蔵からのコメント
創業当初より首都圏での販売を事業の中心に据えていたため、
地元での知名度はあまり高くありません。

秋田の酒では珍しい、辛口の酒になっており、
これもまた秋田の酒のひとつのスタイルであると考えています。
今後は商品バリエーションの拡大が課題で、
新商品開発を行いながら愛飲家に愛される
清酒でありたいと思っておりますとのことです。



八重寿銘醸 特別純米酒 白神山地の四季 720ml







優れた技能の山内杜氏により、低温長期の醗酵で
じっくり仕込み、901号酵母の生みだすふくらみのある味、
白神山系の水を使用し、すっきりとした飲み口が特徴です。
原材料名:米・米こうじ
アルコール度数:15度以上16度未満
日本酒度:+1
酸度:1.5
甘辛:やや辛口





posted by 暇tarou at 21:52| Comment(0) | 八重寿銘醸・蔵元を訪ねて

秋田の地酒 両関酒造 純米吟醸 雪月花


両関酒造 純米吟醸 雪月花 720ml

淡きこと雪の如し、
穏やかなること月の如し、
艷やかなること花のごとし
馥郁たる吟醸香と軽妙な風味は雪の寒気と清らかな
自然の中で、長期に渡りじっくりと丁寧に醸しました
純米吟醸 雪月花 です。

蔵人の感性と情熱が醸し出した、
両関が自身を持ってお届けする純米吟醸酒です。
少し冷やしてご賞味ください。


両関酒造株式会社[両関]
杜氏  武石 廉太郎氏の想い

蔵人が一体となって酒造りを進めていくためには、
互いの横のつながり、コミュニケーションが大切です。

そこで、「和」ということを常に心にとめています。
両関では創業以来、「品質第一主義」に徹し
「人の和によって生まれ、人の和を醸す」という
ポリシーを信条としています。

蔵人の経験や個人の“技”に頼る部分も多いですし、
何より一人一人の思いが良いお酒を造る原動力となり
「人」が蔵を支えていると考えています。

伝統の中にも常に新しさも求めて、
お客様に「うまい酒 両関」を提供するため、
日々精進して参ります。




お求めは ↓ より、または上記の画像をクリックしてください。
両関酒造 純米吟醸 雪月花 720ml
posted by 暇tarou at 15:06| Comment(0) | 両関酒造・蔵元を訪ねて

秋田の地酒 両関酒造 両関本醸造 辛口 


両関酒造 本醸造 辛口 1.8L

「両関本醸造 辛口」は、口中に甘味を感じさせない後味にキレのある酒です。
原料米/精米歩合:美山錦・秋田県産米/ 70%
日本酒度・酸度:+4.5・1.2
アルコール分 15.2度

両関酒造株式会社[両関]
明治7年(1874年)秋田県南部の広大な土地、
湯沢市に創業した両関酒造。
銘酒には正宗の銘柄が多く使われていますが、
東の大関「正宗」、西の大関「宗近」から、
東西にまたがり君臨するようにと刀好き酒好きの人物が
「両関」と名付けたといわれています。

母屋と明治から大正に建てられた4つの蔵は、
秋田県で最初に国の登録有形文化財に指定された建築物。

そこで造られる銘酒は、
全国新酒鑑評会での数々の受賞歴のほか、
海外の権威のある酒類競技会でも高い評価を得ています。

両関は、全国清酒品評会で秋田県として初めて
優等賞を獲得した蔵です。
良質の米と、栗駒山系から脈々と流れ出る水が、
名水百選「力水」として両関の仕込み水となり、
伝統的な酒造りを行っています。

両関は創業当初から自社内で
杜氏を育てる方針を貫いています。
「人の和によって生まれ、人の和を醸す」
「品質第一主義」というポリシーを堅持しながら、
伝統の精神を今日まで守り続けているのです。

伝統の中で生み出されたのが、
両関独自の低温長期醸造法です。
これは雪国の寒い気候を利用した酒造りで、
もろみの最高温度を抑え、
ゆっくり静かに発酵させることでキメ細かい
酒が造られる製法のこと。

両関は、自社のみならずこの技術を各蔵元へ公開し、
東北の酒造りの向上に貢献してきました。
こうした酒造りへの信念と、
杜氏たちの情熱と技がうまい酒を造り出しています。


お求めは ↓ より または上記の画像をクリックしてください。
両関 本醸造 辛口 1.8L
posted by 暇tarou at 14:53| Comment(0) | 両関酒造・蔵元を訪ねて

秋田の地酒 佐藤酒造店 出羽の富士 原酒 芳春

秋田の地酒 佐藤酒造店 出羽の富士

sub01.jpg

明治40年、鳥海山の麓、由利本荘市矢島町に
初代佐藤久吉氏が創業した蔵元、佐藤酒造。

雪深く清浄な気候風土であるこの地は、
酒造りの好適地として知られています。

代表作「出羽の冨士」は「出羽の国」と
呼ばれたこの地域にそびえる名山「鳥海山」を、
その秀麗な山容から「出羽の冨士」と
称したことから名付けられました。

そのまろやかな味わいと芳醇な香りから
地元矢島町で愛され続ける銘酒です。

古くから酒造りで用いられる器具が随所でみられ、
そのどれもが丁寧に手入れされており、
至るところに永き歴史を感じられる酒蔵です。

湧き出る鳥海山の伏流水の清らかさが蔵全体を包み込み、
凛とした静けさの中で黙々と酒造りと向き合い続ける
蔵人たちの熱気が漂います。

この土地で人々に愛され共に歩んできた
歴史を感じることができる蔵です。 .

蔵の一角にある井戸から湧き出る鳥海山の伏流水が
佐藤酒造の酒造りには欠かせません。

その清らかな水がもたらす良好な口当たりが特徴です。
生産されたお酒は地元でそのほとんどが消費され、
他の地域ではなかなか手に入りにくい貴重な地酒です。 .



佐藤酒造店 出羽の富士 原酒 芳春 720ml

淡麗で旨味のある原酒。
淡麗でまろやかな風味の高級原酒「芳春」。
独自の醸造法により造られた、
加水1%未満の高濃度の清酒です。
根強いファンがおり、
口当たりがとても良いと好評の原酒です。
分類 / 普通酒
原料米 / 美山錦
味のタイプ / 旨口
精米歩合 / 60%
アルコール度数 / 18〜19

佐藤酒造店 出羽の富士 原酒
秋田の酒は、昔から女酒(おんなさけ)と評され、
口当たりがやわらかく、
飲みやすい酒質が特徴といわれております。
佐藤酒造店では、この旧来から伝わる酒質を
維持するように努力しているそうです。

普通酒の飲み方
精選などの普通酒は、冷やでも燗でも、
おいしく召し上がれます。
料理に合わせて冷やすかお燗するか決めてください。

好みの温度で、好みの料理でおいしく飲める酒が、
日本酒党にあったよい地酒で、
どちらかというとお燗がお勧めで、
新鮮な魚介類、山菜、なべ料理などと
相性がよいといわれています。

特定名称酒の純米酒、吟醸酒、生酒は、
室温又は冷やしてお召し上がりください。
お燗はお勧めしません。

料理は、和食、中華、洋食を問いませんが、
新鮮な素材を生かしたくせのない淡白な味の料理が
合うと思われます。



お求めは ↓ より、または上記の画像をクリックしてください。
佐藤酒造店 出羽の富士 原酒 芳春 720ml





2017年10月04日

秋田の地酒 天寿酒造「燗上がり純米酒 天寿」

16864650_1860000834270625_3122255338207350766_n.jpg


天寿酒造 「燗上がり純米酒 天寿」1.8L

スローフードジャパン燗酒コンテスト
2013ぬる燗部門において、金賞を受賞
マリーゴールドから分離した清酒酵母で醸し上げました。
酸に特徴があり、それを程よく熟成させて旨みがのり、
美味しいバランスになってます、
お燗で是非お試しください!

天寿酒造株式会社[天寿]
天寿酒造の大きな特徴として、
マリーゴールドやベゴニア、なでしこ、アベリアなどから
採取した花酵母を使用していることが挙げられます。

芳醇な香りがするなでしこの酵母や、
爽やかで上品な香りがするアベリアの酵母など
花酵母それぞれの特徴が表現されており、
まさに「美酒 天寿」を象徴しています。

「地元矢島に根ざした酒造り」、
「酒造りは米作りから」という考えのもと、
麗峰鳥海山から湧きブナの豊かな森により
浄化された清らかな水、
蔵人自らで栽培している良質な酒米、
原料処理への徹底したこだわりにより、
多くの人々から愛される酒を造り続けています。




[天寿]のお求めは ↓ より、
天寿酒造 「燗上がり純米酒 天寿」1.8L
程よく熟成させた旨み

秋田の地酒 北鹿酒造 北鹿上撰本醸造

16864650_1860000834270625_3122255338207350766_n.jpg


秋田 北鹿 上撰本醸造 1.8L

秋田流生もと仕込みによる、コク、キメの細かさ、
のどごしと三拍子そろった北鹿の本醸造酒です。
・アルコール度数:15〜16度
・日本酒度:+1.0
・酸度:1.2
・原料米:吟の精、あきたこまち

株式会社北鹿[北鹿]
北鹿は、秋田県の北部に広がる穀倉地帯の中心部、
大館市にあります。
北西部には世界自然遺産である
白神山地が古来より変わらぬ姿を残し、
東部には奥羽山脈が連なり、
十和田・八幡平の雄大な自然が、
四季折々に美しい表情を見せてくれる、
そんなロケーションです。

奥羽街道に通じる羽州街道が通っており、
昔から「道のあるところに集落あり、
道のあるところに文化あり」と云われ、
深い歴史と浪漫が刻まれた地です。

古来から伝承された酒造技術の歴史と、
それに関わった蔵人たちの浪漫が
酒造りにも残されています。

酒造りにとって重要な、
優れた米と素晴らしい湧き水が得られるこの場所で、
伝統の製法に改良を加えた
「秋田流生酛仕込み」で醸しています。




お求めは ↓ より、
秋田 北鹿 上撰本醸造 1.8L

posted by 暇tarou at 14:45| Comment(0) | 北鹿酒造・蔵元を訪ねて

秋田の地酒[高清水]本醸造 精撰

16864650_1860000834270625_3122255338207350766_n.jpg


秋田酒類製造株式会社[高清水]本醸造 精撰 1800ml

しっとりとした味わい、さらりとした飲み心地、
旨みとまろやかな酸味が調和したお酒で、
高清水の中で一番愛飲していただいているお酒です。
普通酒でありながら麹を20%以上使用した旨味は格別です。
地元秋田では多くのお客様に愛されているお酒です。

秋田酒類製造[高清水]本醸造 精撰
旨みがある。香りがある。それでいて後味さわやか、
のど越しが良い。
酒質第一…高清水に脈々と受け継がれる、
酒造りへの熱い思いを貫くために、
蔵人は手間を惜しむことなく、
その味わいに日々磨きをかけてきました。

例えば「麹」。酒造りは麹造りといわれるほど、
麹は酒の品質を左右する大切な役割を担っています。
麹をふんだんに使うと、ふっくらとした深い味わいながら、
後味の良い酒が生まれます。

しかし、麹の大切さは分かっていても、
コストや手間の問題から、
麹を増やすことに消極的な酒蔵も少なくありません。
麹使用量を示す「麹歩合」の基準は、
本醸造などの特定名称酒で15%以上、
普通酒では制約がありません。

そのなかで高清水は、本醸造はもとより普通酒である
「高清水精撰」に至るまで、
20%以上にまで麹歩合を高めているとのことです。

手間をかけ、麹をたっぷり使った、
おいしいと言って頂けるものをお届けしたい。
あくまでも真面目に、近道を選ばずに、
高清水は、最高の酒造りを目指して居るといいます。



お求めは ↓ より、
秋田酒類製造 高清水(たかしみず)精撰 1.8L(1800ml) 本醸造酒秋田県

2017年10月02日

秋田の地酒 鈴木酒造店 秀よし 特別純米酒

16864650_1860000834270625_3122255338207350766_n.jpg


鈴木酒造店 秀よし 特別純米酒 720ml

淡麗にして味にふくらみがあり口に広がる麹の風味は絶品。
殊更目立とうとすることもなく、
それでいて呑んで初めてわかる純米酒としての自己主張。
淡麗にして味にふくらみがあり、
口中にほんのりと広がる麹の風味はまさに絶品です。
米・米麹・水のみで、米の力を最大限生かして造ったお酒です。
冷やからぬる燗まで、季節の料理によく合います。


合名会社鈴木酒造店[秀よし]
鈴木酒造店の創業は江戸時代初期の元禄2年、
伊勢の国(現在の三重県)から旧長野村(大仙市長野)に
移り住んだ鈴木松右衛門が、奥羽山脈の伏流水と、
良質な米が豊富であるという理由から
ここでの酒造りを始めました。

宝暦年間、秋田藩内の酒蔵から名酒を久保田城下に集め、
今でいう品評会が催されました。
当時「初嵐」の銘柄であった鈴木酒造店の酒を気に入られた
秋田藩主佐竹公はその美味さを讃え、
「秀でて良し」という意味から「ひでよし」の酒銘を授け、
秋田佐竹藩の御用酒を務めて参りました。

現在も受けついできた技と心を大切に、
品格ある大吟醸酒からスパークリング清酒などの
新たなジャンルのものまで、
丁寧で革新的な酒造りを続けています。

美しい奥羽の山並みから流れ下る清冽な伏流水。
日本有数の穀倉地帯・仙北平野の実り豊かな水田と
豊かな伏流水とこの地で生産された酒造好適米などを使い、
秀よしの酒は造られています。

酒造りの方針は
『その地で育まれた食文化に合う日本酒』を造ることです。
私が生まれ育ったこの地域で食される料理は、
私の体や心を作り、味覚も作り上げました。

ですから、「秀よし」が醸す酒はこの地の料理に合う
酒でなければなりません。
生産量の八割は地元で飲んでいると言われております。

江戸時代から精米歩合については気をつけており、
今も全量自家精米でキレの良いバランスの取れた
お酒を生産していると聞いております。

代表を務める鈴木直樹氏にお話を伺いました。
「わたしたち鈴木酒造店は、
秋田佐竹藩の御用酒蔵として愛されてきました。
その挟持を忘れずに、お米の味を贅沢に表現し、
仙北の地酒、秋田の地酒として食文化を未来に残せるよう、
大事に守っていけたらと思います。

これから10年、20年、何十年と時が経過しても、
秋田に『秀よし』があって良かったと思われるよう、
社員一人ひとりの個性を生かしつつ努力していきたい。

不易流行の精神で地元のお客様のために存在する
酒蔵でありたい。
『誰が、どこで、どのように造っているのか』を、
常に蔵を開放することで知っていただき、
お客様から信頼を得、更には酒蔵の歴史に
触れることも楽しんでいただきたいと思っています。
これからも、日本酒と料理の出会いの喜びを楽しんで
頂けると嬉しいですね」と言うことでした。




秋田の地酒 刈穂 山廃純米 超辛口 

16864650_1860000834270625_3122255338207350766_n.jpg


刈穂 山廃純米 超辛口 720ml

全国新酒鑑評会では金賞10回受賞の
超実力蔵の超辛口純米酒です。
蔵伝承の山廃もとを極限まで発酵させた辛口純米です。

刈穂伝統の山廃仕込みで醸造した超辛口の純米酒で、
スモーキーな香り、辛さと旨みの調和が特徴です。
山廃らしい味わいを楽しめる逸品です。


刈穂酒造株式会社[刈穂]

大正2年出羽鶴酒造の兄弟蔵として
秋田県神宮寺町(現・大仙市)にて創業。

「刈穂」の酒名は、
百人一首の最初の歌としても知られている
『秋の田のかりほの庵のとまをあらみ 
  わが衣手は露にぬれつつ』に由来します。

醸造される全ての酒が特定名称酒で、
日本国内のみならず、アメリカやヨーロッパにも
多くの銘柄が流通しています。

刈穂蔵の最大の特徴は、
酒を搾る昔ながらの六槽の酒槽(さかふね)です。
代表的な吟醸酒「六舟」の酒名の由来でもあります。

全量を酒槽で搾る蔵は全国的にも珍しく、
純白の酒袋からゆっくりと搾られる原酒の香りは、
ふな口から流れ出る清冽な音と相まって凛とした
雰囲気を感じさせます。

香り高くキレのある刈穂の酒質は、
その独特の仕込水から生まれてます。

奥羽山系の雪解け水が地下深く浸透し、
蔵近くに堆積されている厚さ13mの砂礫層に
洗われて汲み上げられた、
秋田県内陸部では珍しい中硬水です。

刈穂の山廃仕込みは昔ながらの手法に加え、
当蔵独自の手法が取り入れられています。

特徴は厳寒期の長期低温発酵で、
その醗酵期間は「酒母」「もろみ」を通じて
二ヶ月にも至ります。

この手間と時間が、淡麗繊細ながら山廃仕込み
独特の味とコクが調和する酒質を生みだしているのです。

杜氏をはじめと蔵人皆で「蔵人同士和をもって、
仕事と己に厳しい酒造りを
」を実践して居るとの事です。




お求めは ↓ より、
刈穂 山廃純米 超辛口 720ml


飲んでみたい秋田の地酒の蔵元を訪ねてみましょう
「秋田の地酒 蔵元を訪ねて」



posted by 暇tarou at 17:14| Comment(0) | 刈穂酒造・蔵元を訪ねて

秋田の地酒 出羽鶴酒造 出羽鶴 純米酒

about-dewatsuru01.jpg

出羽鶴酒造株式会社[出羽鶴]

幕末の1865年、出羽の国・南楢岡(現在の秋田県大仙市)に、
伊藤家12代目の当主・伊藤重四郎が創業した「ヤマト酒造店」。

伊藤家は、17世紀に西国から東北へ移り住み、
この土地を切り拓きながら農業を行い、
庄屋の役割も代々受け継いできた一族です。

重四郎は、地元で収穫される良質な米を有効活用すべく
屋敷の一角に酒蔵を建て、日本酒の醸造を始めました。

重四郎の跡を継いだ伊藤恭之助は、大正2年に
「ヤマト酒造店」を株式会社化しました。
鶴のように優美な出羽の国の酒となるよう願いを込めて
酒名を「出羽鶴」と命名しました。

酒蔵は「出羽鶴酒造株式会社」として
新たなスタートを切り出羽鶴の蔵がある大仙市南外は
土壌も良く四季がはっきりとした気候で夏から
秋の季節は温暖湿潤で、原料となる酒米の栽培に
適していると云われています。

冬は寒冷多雪であり、酒蔵を取り巻く出羽丘陵から
もたらされる清冽な湧水を使用して
酒造りを行っています。

出羽鶴では、良質の原料米を育てるところから
酒造りが始まると考えて、酒米栽培から
蔵元・杜氏・蔵人が関わっています。

蔵人を中心に地元農家と2つの酒米栽培会を設立、
地元の豊かな土壌を活かして、優良で安定した
数量の酒造好適米確保のため栽培技術を磨いています。

主な栽培米は
美山錦、秋田酒こまち、秋の精、美郷錦、陸羽132号です。
出出羽丘陵の雪解け水を水源とする
天然の地下水が出羽鶴の仕込み水です。

冬期に降り積もった雪がゆっくりと地下に滲み込み、
幾重にも重なった地層を通ることで、
やわらかく清冽な水となります。

この水を使うことで、
なめらかできめ細かい酒質が生まれているのです。

秋田流生酛仕込みによる伝統的な
純米酒づくりにも取り組み、
長期低温発酵ならではのきめ細やかな旨みとあざやかな
酸を持つ特徴的な純米酒を醸造しています。

蔵のスローガンは「和醸良酒」米作りと酒造りに
厳しく向き合いながら、米作り・酒造りの仕事に厳しく
向かい合う中で蔵人同士に生まれる結束を和とし、
飲む人に幸せを運ぶような美味しい酒を
造ることを意味しています。
ですから出羽鶴らしいお酒を醸しているのです。


取締役製造部長紹介 
佐渡 高智さんの酒造りの思い


dewatsuru_sub03.jpg

製造部長、佐渡さんにお話を伺いました。

「出羽鶴のお酒は、まろやかでなめらかな酒質。
それは仕込み水が軟らかくてそれが生きているからです。
お酒はお水で変わります。

今、蔵では12名の蔵人が人の和を大切にしながら酒造りを行っています。
この蔵では、年間でだいたい120〜130アイテムほどの
お酒を出荷しています。

一つのお酒を生酒で出したり、火入れして出したりと、
するのもありますが、その他は
先進的な取り組みをしているのが特徴です。

たとえば、遠心分離器を導入して、使って酒造りをしてみたり、
耐圧タンクを使ったリキュールの開発をしてみたり、
焼酎や梅酒なども手がけています。

新しいことを始めるときは、いつもゼロからのスタートですが、
これまでの酒造りで得た経験を活かしています。

大変ですが技術者冥利に尽きますよ。
さまざまなことに取り組んで
『出羽鶴はまた新しいことやっているな面白いな。
次は何をするんだろう』と
お客様を喜ばせたり期待していただいたりするのも面白いですね。

今は純米酒、純米吟醸がとても人気があります
需要のあるそれらのお酒造りはもちろんですが、
その一方で、特に地元のお客様に多いのですが、
昔ながらの普通酒を大切にしてくださるお客様もいらっしゃいます。

そういった長年のファンの方々も大事にして、
出羽鶴らしさを失わずにこれからも
酒造りに精進していきたいと考えています」
と酒造りが楽しくてたまらないという感じです。





「出羽鶴 生もと仕込 純米酒」は、
酒造好適米「美山錦」「めんこいな」を使い、
蔵伝承の秋田流生もと仕込で、
寒冷期にじっくりと長期低温発酵を行い
丁寧に醸された、純米酒です。

きめ細やかな香味と、
丸く深みのあるなめらかな旨味が特徴です。
生もと仕込みならではの奥深さも感じつつも
スッキリと飲み干せる軽快さも備えていて、
盃を進めても飲み疲れしません。

肉・魚・鍋物等の料理に相性の良い純米酒です。
飲み頃温度は常温(15度前後)〜ぬる燗でどうぞ。



お求めは ↓ より、
出羽鶴 生もと仕込 純米酒 1800ml














飲んでみたい秋田の地酒の蔵元を訪ねてみましょう
「秋田の地酒 蔵元を訪ねて」



posted by 暇tarou at 16:48| Comment(0) | 出羽鶴酒造・蔵元を訪ねて

2017年10月01日

秋田の地酒 栗林酒造店 春霞 純米大吟醸

16864650_1860000834270625_3122255338207350766_n.jpg


春霞 純米大吟醸

名水百選の郷、秋田六郷で、
厳寒の中醸造した寿米大吟醸酒。
気候風土の恵みを、冷やしてご賞味ください。


合名会社栗林酒造店[春霞] 
https://harukasumi.com/about/

sub02.jpg img_sub_about_02.jpg

古来より「百清水」といわれた豊かな清水の里
秋田・六郷の地で、明治七年に創業した栗林酒造店。

「春霞」の名で知られ、その名は、謡曲「羽衣」の一節、
「春霞たなびきにけり久方の…」に由来すると
いわれています。平成16年からは
「美郷酒米研究会」を立ち上げ、
「美郷錦」「美山錦」の契約栽培に力を入れ、
契約農家が栽培する地元産の酒米を多く取り入れています。

「一本蔵」と呼ばれる仕込み蔵は昭和初期に建てられ、
トンネルように続きその全長は100メートルに及びます。
入口から、酒米を蒸すエリア、麹室、仕込み場、貯蔵庫と
続き、その配置は酒造りに適していると考えられています。

六郷は名水百選に指定された水の町と言われ
地下30メートルから汲み上げた仕込み水は、
じっくりと発酵させる性質を持ち合わせ、
この酒造りに恵まれた環境で「春霞」は
醸し出されています。

百三十余年にわたり酒造りを行っている栗林酒造は、
酒造りに携わる蔵人全員が地元、美郷町の出身。
ほぼ全量を九号系酵母で醸し、
「やわらかく素直な味わいと香り、
透明感のある酒」を目指し、料理と一緒に飲んで、
その料理を引き立てる「食中酒」を
醸したいと考えています。

栗林専務をはじめとした蔵人全員が
集中し細部まで気を配る仕込み風景が印象的です。

春霞では、一仕込、一仕込、
丁寧な酒造りを心がけています。
近年1000kg程度の小仕込が増えました。

麹は箱麹、しぼった後はビン詰貯蔵、
と手間はかかりますが、やさしい味わいのある、
食中向けのお酒を目指し、大切に造っています。
秋田県では珍しく、蔵人は全員が地元、
美郷町民。夏は米作りに携わっています。



お求めは ↓ より、
栗林酒造店(NEXT 5 蔵元) 春霞 純米大吟醸 720ml


飲んでみたい秋田の地酒の蔵元を訪ねてみましょう
「秋田の地酒 蔵元を訪ねて」




秋田県産地酒 福の友 神宮寺 純米吟醸

16864650_1860000834270625_3122255338207350766_n.jpg


福乃友酒造 大吟醸 福

米本来の旨味を十分引き出したやわらかい
タッチの味と芳醇な香りが特徴です。

大吟醸の造りは他の商品のものよりもより
繊細な管理を必要とし杜氏も酒造りに集中しており
とても近寄りがたい状態です。

米の洗い方にはじまり、麹造りも一晩中そばで
付きっきりで見守りながら作業しています。

出来上がったモロミも袋吊りという
特別なしぼり方によってしぼられるこの
大吟醸は正に至高の逸品と言えます。

手間ひまを惜しまず、出来上がった極上の逸品は
じっくりと時間をかけて熟成させていきます。
しぼりたての時よりも熟成させることにより

まろやかなのど越しへと変化していきます。

米は秋田で酒造用に新しく作られた
あきた酒こまちを使用しております。
山田錦にも劣らぬ特性を持つ米として

秋田県では近年多く使われているお米です。
気品のある香りは特別な日の一献に最適です。



お買い求めは ↓ より、。
福乃友酒造 大吟醸 福 720ml

















飲んでみたい秋田の地酒の蔵元を訪ねてみましょう
「秋田の地酒 蔵元を訪ねて」







posted by 暇tarou at 21:36| Comment(0) | 福の友酒造・蔵元を訪ねて

秋田地酒 出羽の冨士 上撰

mise.jpg


出羽の冨士 上撰 

秋田地酒の特徴を備えたまろやかな旨口の酒
ほんのりとした甘さは燗したら増してきます。

秋田の上選はかつての二級酒ですが、
なかなかのものだと思います。

正直「これは一級酒だろ」と思うかもしれませんよ、
本当に、この「出羽の富士」は
秋田でも由利方面で大半を売りさばいてますので、
なかなかよそでは手に入りません。



株式会社佐藤酒造店[出羽の冨士]

明治40年、鳥海山の麓、由利本荘市矢島町に
初代佐藤久吉氏が創業した蔵元、佐藤酒造。
雪深く清浄な気候風土であるこの地は、
酒造りの好適地として知られています。

代表作「出羽の冨士」は「出羽の国」と
呼ばれたこの地域にそびえる名山「鳥海山」を、
その秀麗な山容から「出羽の冨士」と
称したことから名付けられました。

そのまろやかな味わいと芳醇な香りから
地元矢島町で愛され続ける銘酒です。

古くから酒造りで用いられる器具が随所でみられ、
そのどれもが丁寧に手入れされており、
至るところに永き歴史を感じられる酒蔵です。

湧き出る鳥海山の伏流水の清らかさが蔵全体を包み込み、
凛とした静けさの中で黙々と酒造りと向き合い続ける
蔵人たちの熱気が漂います。

この土地で人々に愛され、蔵付き酵母と
共に歩んできた歴史を感じることができる蔵です。

蔵の一角にある井戸から湧き出る鳥海山の伏流水が
佐藤酒造の酒造りには欠かせません。

その清らかな水がもたらす、
良好な口当たりが特徴です。
生産されたお酒は、地元でそのほとんどが消費され、
他の地域ではなかなか手に入りにくい貴重な地酒です。


蔵付酵母(くらつきこうぼ)とは
長い醸造の歳月を経て蔵に定着するに至った酵母。
蔵ごとに個性のある、いわば蔵の歴史です。

これを採取・精製した蔵付分離酵母を利用して
「蔵付酵母純米酒 三番」は造られている。
「三番」は「蔵付酵母純米酒」シリーズの第三号という意味で
三流という意味ではないですよ。



お求めは ↓ より、
出羽の冨士 上撰 1.8L


佐藤酒造店 純米酒 出羽の富士 720ml








飲んでみたい秋田の地酒の蔵元を訪ねてみましょう
「秋田の地酒 蔵元を訪ねて」




秋田の地酒 飛良泉本舗 山廃純米 囲炉裏酒

16864650_1860000834270625_3122255338207350766_n.jpg

rouka-683x1024-683x1024.png


飛良泉本舗 山廃純米 飛良泉 

酒母四段により濃厚な味わいを増幅。
山廃から起因するふくらみのある酸と
熱燗にも好反応する腰の強さが特徴的です。

日本酒の王道的存在になりうる 本醸造酒です。
燗酒対応酒、特に熱燗(50℃位)がおすすめです。
容量は720mlと1,800mlがあります。


株式会社飛良泉本舗[飛良泉]

東北で最も古い蔵元・飛良泉本舗は
秋田県にかほ市、山形県と隣り合う
県西南部に位置しています。

このにかほ市の平沢漁港にほど近い
場所にあるのが、飛良泉本舗です。

東北で最も古い歴史を持つ蔵であり、
全国でも3番目に古いという由緒正しい酒蔵です。

創業は1487年(長享元年)時は室町時代で
その年は八代将軍・足利義政が京都の東山に
銀閣寺を建立しています。

現在の当主・斎藤雅人社長は二十六代目の
斎藤家の屋号「泉屋(いづみや)」が示す通り、
斎藤家は関西の泉州より仁賀保へと移り住みました。

宝暦年間から天保年間を生きた名僧・良寛和尚の友人で、
仁賀保に暮らしていた「増田九木」という画家が、
良寛へ宛てた手紙にトンチのきいた名言を書き残しました。

それは「飛び切り良い、白い水」という言葉。
つまり「飛」と「良」を並べる「ひら」は平沢にかけた
言葉で、そして「白」と「水」は上下に並べると「泉」。
これは斎藤家が「泉州出身」であるという
意味合いがあります。

それまでは「金亀(きんき)」という銘柄でしたが、
この九木の自慢話が噂を呼び、
酒銘「飛良泉」が誕生しました。

蔵へと続く土間の入り口には、かつて看板として
使用されていたというアオウミガメの甲羅が飾られています。

金ぱくで「飛良泉」と書かれたその甲羅、
その先に続く長い土間などがすべてが
500年という長い歴史を感じさせるものです。

明治15年に建てられた蔵は、
温度変化にも負けない酒造りに適した
環境を生み出しています。

蔵の外には創業以来の大きな欅の木があり
夏場の日光を遮り、蔵の温度を低温で保つ
役割を担っています。

仕込み蔵の中では大きな甑で酒米を蒸して
麹造り、酒母造り、醪造りの各工程へと
酒米が運ばれていきます。

飛良泉の特徴は、酒母を山廃仕込みで作ること。
正式には山卸廃止仕込みといい、
昔ながらの酒母製造方法です。
じっくりと熟成させることが山廃の基本です。

速醸酒母は約2週間ほどで仕上がりますが、
山廃は30日ほど必要です。

空気中の乳酸菌などの微生物の力を利用し、
自然のままに酒母を培養、育成。
微妙なさじ加減の温度管理が必要とされます。

手間ひまを惜しまずに手のかかる我が子を育てるように
作られるのが山廃仕込み。

ぷつぷつと発酵する酒母の香りは、
ほのかに酸味を帯びた酵母の香りです。



お求めは ↓ より、
飛良泉本舗 山廃純米酒 飛良泉 1.8L


飲んでみたい秋田の地酒の蔵元を訪ねてみましょう
「秋田の地酒 蔵元を訪ねて」



posted by 暇tarou at 18:01| Comment(0) | 飛良泉本舗・蔵元を訪ねて

秋田の地酒 天寿酒造 天寿 純米吟醸

16864650_1860000834270625_3122255338207350766_n.jpg


天寿酒造 天寿 純米吟醸

東京農大の中田教授により、
撫子の花から採取された天然酵母を
使用されております。

酒米は契約栽培の美山錦で醸し上げた、
清んで華やかな香りと飲み応えのある美味です。



天寿酒造株式会社[天寿] 

140年の長きにわたり人々に愛され続ける天寿酒造は、
二代目大井永吉氏が東北の麗峰鳥海山の麓でその
伏流水が使える由利本荘市矢島町で創業。

「酒造りは米作りから」と昭和58年には
「天寿酒米研究会」を発足させ、
酒造の好適米 美山錦・秋田酒こまちの栽培に
取り組み続け、この土地でできる最高の日本酒を
目指して挑戦し続けています。

近年は海外のコンテストでも数々の賞に輝き、
その品質の高さが証明されています。

酒蔵の随所に、酒造りに対する天寿酒造の
こだわりと工夫が感じられます。

精米後酒米を貯蔵する計量器付のタンクや
米研ぎ後の水切り作業に用いる脱水機など、

天寿酒造で独自に開発・改造された機械が見受けられ、
良質な酒を造る製法を常に模索し続けている
姿勢が伺えます。

常に品質の向上に挑戦し続ける姿勢は、
経験豊かな蔵人たちが酒造りひとつひとつの
工程において意識を最大限に傾けることが出来る
環境の整備が随所になされています。

天寿酒造の大きな特徴として、
マリーゴールドやベゴニア、なでしこ、アベリアなどから
採取した花酵母を使用していることが挙げられます。

芳醇な香りがするなでしこの酵母「ND-4」や、
爽やかで上品な香りがするアベリアの酵母「AB-2」など
花酵母それぞれの特徴が表現されており、
まさに「美酒 天寿」を象徴しています。

「地元矢島に根ざした酒造り」、
「酒造りは米作りから」という考えのもと、
麗峰鳥海山から湧きブナの豊かな森により
浄化された清らかな水、蔵人自らで栽培している
良質な酒米、原料処理への徹底したこだわりにより、
多くの人々から愛される酒を造り続けています。


お求めは ↓ より、
秋田の銘酒 天寿 純米吟醸 1.8L



飲んでみたい秋田の地酒の蔵元を訪ねてみましょう
「秋田の地酒 蔵元を訪ねて」



秋田の地酒 雪の茅舎 山廃仕込み本醸造 純米吟醸

16864650_1860000834270625_3122255338207350766_n.jpg


雪の茅舎 山廃仕込み本醸造と純米吟醸 飲み比べ

「茅舎」とは
萱葺き屋根の農家の並ぶ冬景色を詠ったことを、
因んで名付けられたとのことです。

酒質はどっしりとした印象の濃厚な味わいの
印象が強く、オンザロックにしても
美味しく楽しめるほどで飲みごたえのある
雪の茅舎山廃仕込み本醸造と純米吟醸
2種を飲み比べて楽しんでいただけます。


株式会社斎彌酒造店[雪の茅舎]

明治35年、初代齋藤彌太郎氏が鳥海山を望む
由利本荘市に創業した蔵元、齋彌酒造。

茅ぶき屋根の民家が点在する雪深いこの地の
冬景色を表現した日本酒「雪の茅舎(由利正宗)」
を造り出し、その伝統の技を今に伝えています。

創業当時のまま残る齋彌酒造の蔵や二階に洋風の
デザインを取り入れた独自の意匠を持つ店舗などは、
国の登録有形文化財に登録された貴重な建造物であり、

その気品漂う厳かな蔵一帯が良質の酒を世に送り出す
本蔵元の気質を物語っているかのようです。

全国新酒鑑品会において数々の受賞歴を持つ
秋田を代表する名蔵元です。

高低差約6mの傾斜地に建てられた
齋彌酒造の酒蔵は、通称「のぼり蔵」と呼ばれ、
蔵の入口から蔵内に坂道が窺えて、
風の通り道がうっすらと見えるかのよう。

これは、自然の地形と引力、
蔵内の風通りの良さを利用し、
酒造りの工程途中で余計な負荷を与えない
当蔵元の特徴であり、
正に先人の知恵が造り出した酒蔵と言えます。

酒造りは蔵上方の精米所に米が運ばれ、
敷地内で湧き出す新山の伏流水で仕込み、
工程が進むにつれて徐々に下に移動しながら
日本酒となって下りてくる構造になっています。

麹室は厚い秋田杉の板を全面に使用し、
杉材が呼吸をして湿度を調節し、
麹にとって最適な環境を整えていることも特徴です。

齋彌酒造で使用する主な原料米「秋田酒こまち」は、
蔵人たち自身の手によって毎年地元で
育てられた新米を使用します。

蔵人たちの真摯な酒造りに対するこだわりは、
繊細で気品高い日本酒を生み出し、全国各地、
そして地元住民に多くの支持を集めます。

地形の高低差を生かした蔵の構造、新山の良質な湧水、
酒造りに関しても櫂(かい)入れしないなど、
あくまでも自然の力による酒造りを
実践していることが最大の特徴です。

また20年以上前から酵母の自家培養にも取り組み、
長年にわたり選抜した酵母で独自の香味を生み出し、
安定した酒質を醸しているのも特色のひとつです。



お求めは ↓ より。
雪の茅舎 2本飲み比べセットBセット:山廃仕込み本醸造 720ml&純米吟醸 720ml 秋田の地酒 冷酒でもお燗酒もOK


飲んでみたい秋田の地酒の蔵元を訪ねてみましょう
「秋田の地酒 蔵元を訪ねて」



秋田の地酒 秋田誉 純米吟醸 亀の尾仕込み

16864650_1860000834270625_3122255338207350766_n.jpg


秋田誉酒造 純米吟醸 亀の尾仕込み

秋田酒こまちは秋田県で15年の歳月を経て
開発された酒米です。

秋田の酒造りの特徴である長期低温発酵を生かし
上品な旨さと軽快な後味に仕上げました。

幻の酒米といわれる「亀の尾」を蔵人が栽培し醸造。
原料米100%使用のやや辛口、
独特の際だつ味わいが魅力です。

酒の国秋田が育てた酒米の爽やかな
酔い心地をお楽しみください。


秋田誉酒造株式会社[秋田誉] 

山と川と海のある城下町で、
米どころでもある由利本荘市。

子吉川の左岸、
本荘港の近くに建つ秋田誉酒造株式会社は、
昭和19年の企業整備令で十数社の企業合同によって
発足しました。

合同蔵各々の歴史は古く、江戸末期、
明治初期がほとんどです。「秋田誉」の名称は、
銘醸の地・秋田の誉れとなるようなブランドに育てたい
との願いが込められています。

酒質の基本は辛口を基調としており、
秋田のメーカーとして早期に純米酒や吟醸酒の
販売を開始した企業でもあります。

秋田誉では「気候風土、蔵人一体の酒造り」を
コンセプトに厳寒期に少人数で酒造りを行っています。
秋田県産米と天然水、

そして特定名称酒には秋田の酵母を使い、
奇をてらわない昔ながらの酒造りを心がけています。
創造することを大切に考え、
蔵人が育てた酒米「亀の尾」の純米吟醸、
良質の米粉で造る本格焼酎「智水」なども好評です。

酒造りの理念は「造りは創りに通ず」。
日本酒、本格焼酎を伝統文化だけにとらわれることなく
「今の時代の飲み物」として提案しています。

仕込みに使用する水は硬軟水です。
良質な醸造用水を求め探索したところ、
“秋田富士”鳥海山の伏流水と思われる湧き水を見つけ、
600mのパイプを引いて各工程に使用しています。

県の優良酵母である秋田流花酵母
(AK-1)をはじめ、さまざまな酵母を使い分け、
香味良好で喉越しの良い飲みやすい酒を醸しています。



お求めは ↓ より、
秋田誉酒造 純米吟醸 亀の尾仕込み 720ml








飲んでみたい秋田の地酒の蔵元を訪ねてみましょう
「秋田の地酒 蔵元を訪ねて」



posted by 暇tarou at 15:49| Comment(0) | 秋田誉酒造・蔵元を訪ねて

秋田の地酒 白瀑 純米吟醸 備前雄町 赤ラベル

16864650_1860000834270625_3122255338207350766_n.jpg


白瀑 山本純米吟醸 備前雄町 赤ラベル

秋田県の白爆6代目蔵元山本友文氏が精米から始まる
全ての工程に一貫して携わった入魂の銘柄が『山本』。

山本銘柄の秋季限定酒はインパクト大なラベルの通称
「赤ラベル」と呼ばれております。

備前雄町のほのかな甘さを酸が包み込むような
柔らかい酒質が特徴です。

芳醇な含み香にジューシーな酸味と甘みが
絶妙なバランスで口中に広がり、
最後はスッと切れる繊細な後味が秀逸です

蔵の裏山の棚田で有機栽培した酒こまちだけで
仕込んだ山本シリーズの秘蔵酒です。

蔵に引き込んでいる湧水を夜間だけ田んぼに
切り替えて栽培しているので、
付加価値は日本一と自負しています。

収穫できる米の量は一般的に行われている
化学肥料を使った栽培の1/3ほどで、
タンク1本しか仕込めません。

田植えや雑草取り等の作業を一緒に行った
酒屋さんだけでこっそりと販売しております。
春には生原酒も販売してます。


山本合名会社[白瀑] 

明治34年秋田の県魚ハタハタ漁で有名な
日本海沿岸の漁村、八森村(現八峰町)に創業した蔵元、
山本合名会社は「白瀑(シラタキ)」の名で愛され、
昭和40年代初頭には全国に先駆けて大吟醸酒を商品化し、
東京や神戸の料亭などに提供し好評を得ました。

近年には杜氏制を廃止し、
蔵人皆が自由に意見を出し合える環境を作り、
「蔵人みんなで作る酒」を志しています。

当蔵の仕込水は、
裏山の中腹に湧き出る天然水を使用しており、
日本海沿岸に位置する当蔵にとって、
この湧き水を蔵まで引き込むことは大変難しく、
村民を総動員して3kmに渡る自家水道を
設置したという歴史を持ちます。

また蔵内に流れる、ビートルズのBGMは、
蔵人が気持ち良く酒造りに取り組める
要因になっています。

平成22年から醸造アルコールを
添加する本醸造と大吟醸を廃止し、
純米吟醸、純米大吟醸のみを
生産する純米蔵となりました。

「酒造りは米造りから」を徹底させ、
自社の仕込み水が100%流れ込む棚田で蔵元が
自ら酒米の栽培を開始し、
その約半分を無農薬&無化学肥料栽培で
行っています。

仕込水で酒米を栽培し商品化している酒蔵は
全国的にも前例がなく
「世界一付加価値の高い酒米」を生産していると言えます。

「無農薬 純米山本」も蔵人自らが完全無農薬で
栽培した酒米を使用した大変貴重な限定酒です。



お求めは ↓ より、
山本合名 白瀑 山本純米吟醸  720ml≪数量限定≫


飲んでみたい秋田の地酒の蔵元を訪ねてみましょう
「秋田の地酒 蔵元を訪ねて」